医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の口コミとデメリット!

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」のこだわり3つの特徴

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」のこだわりの特徴を3つ

・がん診断時に保険金が支払われる

・女性特有のがんを重点保障

・年齢に関わらず保険料は月々ずっと980円

第4回少額保険大賞を受賞した、医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」は月々の保険料が年齢を問わず、ずっと980円で注目のがん保険です。

しかし、がん保険を検討する際には特徴や保険料、デメリットや評判も知っておきたいですよね。

・どのような保障のがん保険なの?

・どんな人に向いている保険なの?

・実際の口コミでの評価は?

この記事では「女性のためのミニがん保険980」に関する疑問点を商品内容、年代別の保険料、メリットやデメリットそして評判などから徹底分析し、わかりやすくポイントを解説していきます。

この記事を参考に医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」は評判通りの良い商品なのか、あなたと家族のライフスタイルにあった保険なのかという判断材料にしていただければと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の商品の基本概要

まず医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の商品の基本概要を見ていきましょう。

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の商品概要

商品名 女性のためのミニがん保険980
引受保険会社 医師が考えた少額短期保険
保険期間 1年(69歳まで更新可能)
加入可能年齢 満20歳~満59歳
主契約 ・がん診断保険金・死亡保険金
保険料払込期間 1年(自動更新)
がん診断保険金 3万円~80万円
死亡保険金 10万円~300万円

がん・上皮内がんになった時の一時金と死亡保険金の少額短期保険になっています。

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の特約について

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」には特約はありません。ここでは基本保障の内容について解説します。

※支払われる金額は30歳女性の例になります。

①がんと診断されたとき保険金が支払われます。(上皮内がんは除く)

・乳房・子宮・卵巣がん 80万円

・乳房・子宮・卵巣以外のがん 50万円

②上皮内がんと診断されたとき保険金が支払われます。

・乳房の上皮内がん 80万円

・子宮の上皮内がん 20万円

・乳房・子宮以外の上皮内がん 5万円

③死亡したとき保険金が支払われます。

・がんによる死亡 300万円

・がん以外での死亡 290万円

保障内容は上記の3点になります。

※支払われる保険金は年齢が高くなるにつれ減少します。

女性のためのミニがん保険980の保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」年代別月々の保険料

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の保険料は年齢に関係なく月980円になります。

保険料が一律な代わりに、年齢が高くなるにつれ支払われる保険金が減少していきます。

例として死亡保険金では以下のようになります。

がんによる死亡 がん以外での死亡
20歳 300 290
30歳 300 290
40歳 80 70
50歳 10 0
60歳 10 0

単位・万円

 

では、具体的に「女性のためのミニがん保険980」のメリットやデメリットを見ていきましょう。

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の特徴から見るメリット・デメリット

簡単に図で表すと以下のようになります。

メリット デメリット
1:女性特有のがんを重点的に保障 1:先進医療等の特約がない
2:死亡保障がある
3:保険料が一定で安い

メリット①:女性特有のがんを重点的に保障

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」では乳房・子宮・卵巣の女性特有のがん、乳房・子宮の上皮内がんを重点的に補償対象としています。乳房の上皮内がんの場合で80万円の診断保険金(20歳~49歳の方)が支払われるのは安心のポイントです。

 

メリット②:死亡保障がある

「女性のためのミニがん保険980」では、がんによる死亡はもちろんの事、がん以外でも死亡保険金があります。20歳~34歳では290万円と若い世代の女性には特に充実の保障になっています。

 

メリット③:保険料が一定で安い

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」は商品名のとおり月々の保険料が980円で上がることはありません。また、がん診断保険金が80万円に達したときは死亡保険として継続することができ、その場合の保険料は30歳で月額保険料は440円になります。

女性のためのミニがん保険980のメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

デメリット①:先進医療等の特約がない

「女性のためのミニがん保険980」では先進医療の保障はありません。女性のために女性特有のがんを重点的に保障することに特化した内容の結果といえます。

女性のためのミニがん保険980のデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の評判・口コミ

さて、医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の商品概要や保険料、メリットデメリットなどを紹介してきました。

商品の内容については理解されたと思いますが、「実際に加入した方はどう感じているの?」と気になりますよね。

そこで、「女性のためのミニがん保険980」に加入した方の評判や口コミをまとめましたので紹介します。

 

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の評判・口コミ①

「少額短期保険という商品をあまり聞いたことがなく、こんなに保険料が安く済むのかと思いビックリしました。」

そうですね。少額短期保険と聞いて馴染みのない方はまだまだ多いかもしれませんね。保険期間や保障金額に上限を設けることで安い保険料での保障を可能にした保険会社で名前のとおり少額で短期です。「女性のためのミニがん保険980」は保険料がずーっと980円で変わらないので加入しやすいですよね。ただし、年齢が上がるにつれ保障される金額が減少していくので注意は必要ですね。

 

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の評判・口コミ②

「女性特有のがんに対して手厚い保障を受けることができるので、女性は若いころから入ることをおすすめします。」

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」は女性のために開発された少額短期保険になっていますね。女性特有のがんに保障の重点をおいて万が一の時に安心できる内容になっています。特にがん・上皮内がんの一時金については49歳までは手厚い保障になっています。死亡保障は45歳以降はかなり少なくなりますので加入時期や継続期間についてはしっかり検討する必要がありますね。

 

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の評判・口コミ③

「死亡保障までついてくるので、一石二鳥という感じでした。」

そうですね。「女性のためのミニがん保険980」にはがんでの死亡はもちろんのこと、がん以外の死亡でも死亡保険金が支払われる年齢の設定もありますね。34歳までだと、がん以外の死亡でも290万円支払われます。この保険に単独で加入する以外に他の保険の上乗せの保障として加入する方も多いと思いますが、その際「女性のためのミニがん保険980」の死亡保障で他の死亡保障を減らして効率の良い保険加入の方法も選択できますね。

女性のためのミニがん保険980の口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

【参考】医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」を他の医療保険商品と比較

医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」 チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 アフラック「生きるためのがん保険days1」 メットライフ生命「がん保険ガードエックス」
主契約
  • がん診断保険金
  • がん死亡保険金
  • 治療給付金(自由診療含む)
  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 悪性新生物治療給付金
  • 上皮内新生物治療給付金
診断給付金
  • 3万円~80万円
50万〜100万(特約) 50万(上皮内がんの場合5万) 100万
月額保険料比較 980円 1736円 3558円 2357円

※条件:30歳女性/終身払/入院保障日数無制限

※「女性のためのミニがん保険980」以外は先進医療特約・入院給付金あり

※「女性のためのミニがん保険980」は保険期間1年

※アフラック「生きるためのがん保険Days1」はレディースプラン

各社保障内容の違いもあり月額保険料も様々です。必要な保障を検討したうえで、自分にあった保障を選択するのがいいでしょう。

他の医療保険とも比較してみたい!という方もいると思います。

そんな方は保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

【がん保険】総合人気ランキングTOP5!

1位:チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」

「チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング1位に輝いたのは、チューリッヒ生命「終がん保険プレミアムDX」です!

ランキング系の記事で見かけたことがある人も多いと思います。

「終がん保険プレミアムDX」は治療を基準にした給付のみのシンプルな保障が特徴で、保障内容とコスパが最高レベルのがん保険です。

 

「終がん保険プレミアムDX」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」の徹底分析と評判や口コミ

2位:朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」

「朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング2位に輝いたのは、朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」です!

「スマイルセブンsuper(スーパー)」はがんに6大疾病を含めた7大疾病をカバーする保障内容の充実と、一時金の支払い回数が無制限という点で、総合的に見ても評価が高いがん保険です。

 

「スマイルセブンsuper(スーパー)」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」の徹底分析と評判や口コミ

3位:FWD富士生命「新がんベストゴールドα」

「FWD富士生命「新がんベストゴールド」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング3位に輝いたのは、FWD富士生命「新がんベストゴールドα」です!

「新がんベストゴールドα」は一時金タイプのシンプルな保障が特徴のがん保険です。

診断時にまとまったお金が手に入るので、入院や通院などの実費を保障する保険にプラスαでつけると安心できます。

 

「新がんベストゴールドα」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

FWD富士生命「新がんベストゴールドα」の徹底分析と評判や口コミ

がん保険総合人気ランキングの詳細はこちら

がん保険総合人気ランキング

まとめ:医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」はどんな人におすすめ?

この記事では医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」について解説してきましたが、それを踏まえた上でこの商品を特におすすめできる方は以下のようになっています。

・月々980円で女性特有のがんに備えたい方

・他の医療保険やがん保険の上乗せの保障として検討したい方

・49歳までの女性の方

女性のためのミニがん保険980がおすすめな人はわかったけど、他の商品との比較もしてみたい!という方もいるでしょう。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

「女性のためのミニがん保険980」は59歳まで加入でき69歳まで継続できますが、加入及び継続をおすすめできるのは49歳以下の女性の方になります。若い世代の女性には乳房や子宮などの女性特有のがんや上皮内がんに重点的に備えることができて死亡保障も確保できる安心の保障内容になっている保険です。

また月々の保険料が980円で一定なので、特に若い世代の方には加入・継続しやすいがん保険になっています。

FPの評価
レビューした日
保険名
女性のためのミニがん保険980
おすすめ度
31star1star1stargraygray

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*