がん保険選びで特に重要視すべき給付金とは?

 

がん保険は給付金を見て選ぼう!

 

がんにかかると、健康保険だけではカバーできない治療費がかかることがあります。また、先進医療を受けたり保険適用外の治療を受けたりすると、治療費はさらに膨れ上がってしまいます。

保険会社によってがん保険の内容は様々ですが、契約内容の中で重要なのが「給付金」です。入院給付金・診断給付金・手術給付金など、給付金にもいろいろな種類があり、支払われる事由が細かく分かれています。保険に加入する時、この給付金の内容を見て検討する方も多い事でしょう。

がん保険は、がんに特化した保険なので、特有の給付金があります。どの給付金を選んだらいいのか、迷ってしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あなたには何のがん保険がベスト?

なんのがん保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。

そこでこの記事では、

・給付金にはどんな種類があるの?

・どの給付金が一番重要?

・給付金は誰が受け取るの?

など、がん保険の給付金について徹底検証していきます。ぜひ最後までご一読いただき、保険選びの際の参考になさってください。

 

がん保険の給付金の種類を紹介

 

以前は、がんは不治の病と言われていたこともありました。しかし、今は医学が進歩していて、それに合わせてがん保険で支払われる給付金の種類も、医療事情に沿った内容になってきています。

ひとくちにがん保険と言っても、適用できるがんの種類や給付の条件などは保険商品によって異なります。また、給付金の内容によって、これはつけておきたい・これは不要だから外したいなど、それぞれの考えで選択することもあるでしょう。

まずは、給付金の詳細を知り、自分にとって必要なものかを検討するのがいいでしょう。

給付金の種類は、大きく分けて4つありますので、一つずつ詳しくご紹介します。

がんの診断時に給付される診断給付金

 

診断給付金とは、医師にがん(上皮内がんを含むこともあり)と診断された場合に支払われる給付金です。最近のがん保険で、主流の給付金といえます。保険会社によって、1回のみ受け取る場合と複数回受け取ることができる場合があります。

多くの会社では、入院や手術をする前に、診断を受けた時点でまとまったお金を受け取ることができ、使い道は特に指定されていませんので、治療費以外に充てることもできます。

例えば、収入の補填、住宅ローンの一部繰り上げ返済、抗がん剤治療に向けてのカツラ作成代、長期療養に備えての蓄えなど、いくつもの用途が考えられます。

がんと診断されると、おそらく誰もが「本当に治るのか」と思うと同時に、「これからの生活はどうなるのか」という不安を抱くのではないでしょうか。そんな時、治療を始める前にまとまったお金が入ると、少しだけ先の見通しが立つこともあります。

 

がんの手術で給付される手術給付金

 

手術給付金とは、がん治療のため所定の手術を受けたときに、受け取ることができる給付金です。給付金の額は、手術の種類によって、入院給付金日額の〇倍と設定されていることが主流です。

手術には、開腹術や内視鏡・腹腔鏡を用いたものなどありますが、どの手術でも給付金を受取ることができます。また、支払回数は無制限であることが多いです。

一部のがん保険では、手術費用の実額が支払われる実損填補型のタイプもあります。このタイプは、自由診療の場合も保障対象となるので、検討材料の一つにする人が増えています。

がんで入院したときに給付される入院給付金

 

入院給付金は、がん治療のために入院した際、入院日数に応じて支払わる給付金を指します。通常の医療保険で支払われる入院給付金は、1回の入院での支払上限日数が決まっていることが多いです。(良く見られるのは、1入院60日まで、もしくは1入院120日まで)

しかし、がん保険の入院給付金は、上限がないことがほとんどです。これは、がん治療で目的での入院は、長期にわたることが多いのと、がんを発症した箇所によって転移や再発をする場合もあるからです。転移や再発が起こると、入退院を繰り返すことも珍しくありません。

入退院を繰り返した時、通常の医療保険では、退院と再入院の間が一定日数あいていないと、1回の入院とみなされてしまうケースが見られます。このリスクを避けるため、がん保険での入院給付金は上限を設けないのです。

手術給付金のところで少しご紹介した、実損填補型のタイプは、入院給付金の商品もあります。この場合も、実際に入院中にかかった費用が支払われます。

がんで通院するときに給付される通院給付金

 

通院給付金は、がん治療を目的として通院した場合に受取ることができる給付金です。この給付金も、1日当たりの給付金額が決まっているものや、実費が支払われる実損填補型などがあります。

がんの種類や進行状況によって、入院や手術などをせずに、通院のみで治療するケースも増えてきています。通院の内容は、放射線治療、化学療法(抗がん剤やホルモン治療など)での点滴や経口投薬などが挙げられます。

医療保険には、通院の保障が含まれないことも多く、がん保険の通院給付金はがん治療の事情を考慮したものと言えます。

通院する場合は、もちろん自宅から病院を往復しなくてはいけませんが、体調次第でタクシーなどを使う必要も出てくるでしょう。そんな時も、通院給付金を充てて支払うことができます。

通院給付金の給付条件はいくつかあり、入院後の通院に限るもの・入院前の通院でも適用されるもの・入院しなくとも受け取れるものなど、保険商品によってさまざまです。

がん保険選びで重要視すべきは診断給付金!

 

これまで、がん保険で支払われる給付金についてお話ししましたが、4つの給付金の中で最も重視するべき給付金は診断給付金です。その理由をご説明していきたいと思います。

がんになった時、医師の診断は誰もが必ず受けますよね。しかし、入院や手術は、全てのがん患者さんが行うとは限りません。

先ほどお話ししたように、最近では、入院をせずに、通院のみで治療を行うケースも増えています。入院をしなければ、入院給付金を受け取ることはできません。手術給付金も同様で、手術をせずに投薬や放射線治療などでがん細胞を消滅していく選択肢を選べば、手術給付金を受け取る要件は満たせなくなります。

それならば、通院給付金が受け取れるから大丈夫ではないかと思う方もいらっしゃることでしょう。ただ、通院給付金の支払いに、入院をした(する)ことを条件にしている保険会社が多い事は、あまり知られていないのではないでしょうか。通院だけでは、条件を満たすことができないのです。

診断給付金は、がんと診断された時点ですぐ手続きできるので、治療方針が決まらない時点でも受け取ることが可能なのです。

診断給付金はいくらもらえる?

 

診断給付金の重要性が分かったところで、果たしていくら位貰えれば安心できるのか、悩むところかと思います。

がん保険の診断給付金は、100万円が相場です。2007年の、「がんの医療経済的な解析を踏まえた患者負担最小化に関する研究」によると、がん治療にかかる年間の平均自己負担治療費は101.1万円というデータがあります。(出典:http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000052580

別の調査方法の結果でも、治療費が100万円近くかかっていることが分かります。この金額から、高額療養費や医療費控除、保険の給付金などを差し引いた額が、実際の自己負担金です。

しかし、がん治療にかかるお金は、治療費だけではありません。その他いろいろなお金がかかってきます。例を挙げますと、差額ベッド代、シーツ代、食事代、交通費、付き添い・見舞い家族の交通費や食事代、入院中に使う日用品代、お見舞いをいただいた時のお返し代、抗がん剤治療を行った時のカツラ代、自宅をバリアフリー化する必要が生じた場合の工事費などです。

また、働き盛りの年代でがんにかかった場合、働けない分給与が減ってしまいます。会社員の場合、傷病手当を請求できることが多いですが、これは給与の満額ではなく、およそ3分の2の金額しか支払われません。支払期間も、1年半などの期限が設けられています。自営業の方の場合は、傷病手当の制度がありませんので、働けない期間は収入がなくなってしまいます。

各々の生活状況を考慮した上で、診断給付金の金額を上げることを考えてもいいでしょう。

 

診断給付金のみで加入できるがん保険

 

現在のがん保険では、診断給付金のみで加入できるがん保険があります。がんは再発する恐れがあるため、診断されるごとに診断給付金がもらえるのはとてもありがたいことです。

診断給付金のみのがん保険へ加入を検討されている場合には、次の事項を必ず確認するようにしましょう。

・保険に加入してから90日以内にがんと診断されても、給付金は支払われない

どの保険商品でも、同じことが言えますが、保険には90日間の免責期間があります。保険の保障開始日から90日を経過した翌日からでないと、保障が受けられません。

極端な例を出すと、保障開始日から85日目にがんが見つかっても、給付金を受け取ることはできないのです。

・悪性新生物か上皮内新生物かで、給付金の額が変わることがある

上皮内がんは、完治の可能性が高く、再発の可能性も低いため、給付金が出なかったり、出ても金額が下がることがあります。

・2回目以降のがん診断が、一定期間を過ぎていないといけない

給付金が複数回支払われる場合は、給付金の支給は、数年に1回と定めている保険会社がほとんどです。例えば、半年でがんが再発してしまった場合でも、すぐに給付金を受け取ることはできないのです。

診断給付金のみで加入できるがん保険の一例をご紹介します。

新がんベスト・ゴールドα(FWD富士生命) 自由に使えるがん保険+(ぷらす)(カーディフ生命保険株式会社) がん治療支援保険NEO(東京海上日動あんしん生命)
主契約 ・悪性新生物診断給付金(給付金の支払いは2年に1回で、回数無制限)

・保険料払込免除

・ガン診断給付金・上皮内ガン・皮膚ガン診断給付金

(給付金の支払いは1度のみ)

・入院給付金・診断給付金

(給付金の支払いは2年に1回で、回数無制限)

 

特約 ・上皮内新生物診断給付金特約・がん治療給付金特約 なし(ガン診断給付金が支払
われた場合、契約は終了となり、その後の保険料の払込
はなくなる。上皮内ガン・皮膚ガン診断給付金のみ支払われた場合は、契約は継続され、ガン診断給付金の保障は続く)
・悪性新生物初回診断特約・がん手術特約

・抗がん剤治療特約

・がん通院特約

・がん先進医療特約

・悪性新生物保険料払込免除特則

 

 

がん保険の給付金の受取人は誰にするべき?

 

実際にがん保険の給付金を受け取ることになった時、受取人を誰にするのがいいのでしょうか。まずは、保険の契約時にさかのぼって考えてみることにします。

保険の契約をする時に、「契約者・被保険者・受取人」という文字を見た覚えはありませんか。

契約者…実際に契約し、毎月の保険料を支払う

被保険者…保険の保障を受けられる

受取人…給付金を受け取る

このような分類ができます。

がん保険の給付金を受け取るのは、基本的には被保険者(治療を受ける本人)であることが多いようです。また、受取人を指定する場合は、二親等以内の親族を指定するように定められています。

ただ、がんという病気の特性上、正式な病名を本人に知られたくないケースが発生することもあります。或いは、治療を受ける本人が、自分の意思を伝えられないような容体になったとき、本人から受取請求ができなくなる場合もあります。

このような事態に備えて、「指定代理請求制度」という制度があります。これは、本人以外でも、予め指定しておいた人物から保険会社に連絡すれば、給付金の請求ができるものです。

請求人は、誰でもなれるわけではありません。条件は保険会社ごとで若干異なりますが、被保険者の戸籍上での配偶者(保険会社によっては、事実婚でも認められる場合があります)・直系血族・兄弟姉妹・同居している3親等以内の親族・被保険者からの委託により、被保険者の財産管理を行っている者(成年後見人など)などを指定することができます。

指定代理請求制度を利用するためには、保険契約に特約をつけることが一般的となっています。また、指定代理請求人を決めるには、被保険者の同意が必要です。事前にご家族で話し合われることを強くお勧めします。

参考:がん保険の給付金に税金はかかるのか?

 

がん保険の給付金は、まとまった金額を一度に受け取りますが、この時税金はかかるのでしょうか?

がん保険から支払われるお金は、「保険金」と「給付金」があります。保険金は、死亡保険金や満期保険金など、1度のみ支払われるお金です。これに対し、給付金は、複数回支払われる可能性があるお金です。

死亡保険金に関しては、誰が受け取るかによって、「所得税」「相続税」「贈与税」のいずれかの税金がかかってくる場合があります。

契約者と受取人が同じ場合は、保険金が一時所得として扱われるため、所得税が課税されます。被保険者と契約者が同じ場合には、受取人が保険金を相続して受け取ったとされ、相続税が課税されます。また、契約者・被保険者・受取人が全て異なる場合は、贈与扱いになるため贈与税が課税され、他の2つの税金よりも高めに設定されています。

これらの税金にも、基礎控除がありますので、誰しも必ず税金がかかるとは限りません。

これに対して、給付金は、治療費などの補填をする役割があるため、金額にかかわらず非課税扱いとなります。

実際に非課税になる給付金の一例をご紹介します。

・入院給付金

・手術給付金

・通院給付金

・がん診断給付金

・特定疾病(三大疾病)保険金

・先進医療給付金 など

被保険者本人以外でも、受取人が配偶者・直系血族・生計が同じ親族であれば、非課税扱いのままとなります。

ただ、給付金を非課税で受け取った後に、被保険者本人が亡くなられ、給付金が相続財産となることもあります。この場合は、課税対象になる場合があるので、覚えておくといいでしょう。

 

がん保険は給付金を見て選ぼう!のまとめ

 

今回は、がん保険を選ぶ際の給付金について解説してきました。

医学の発達により、入院・手術が減ったり、通院治療でできる事が増えたりと、がん治療の方法は以前と比べて多様化されてきています。がん保険の給付金も、医療事情に合わせた商品が多く見られるようになりました。

最も重視したい診断給付金のみの保障に絞るのも方法ですし、診断給付金+あらゆる治療法に対応できる保険を選ぶのもいいでしょう。

せっかくがん保険に加入していたのに、条件が合わず使えなかったという事態は避けたいですよね。もしも自分ががんにかかった時に、このがん保険に入っておいて良かったと思えるものを是非見つけて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*