がん保険20代おすすめ人気ランキング!必要性は?いらない人もいる

健康な20代にがん保険はおすすめなの?本当に必要?20代で終身がん保険に加入しておけば、一生涯安い保険料でがん保険がつけられおすすめです。ここでは、20代のがん保険の必要性、がん保険20代女性・男性おすすめ人気ランキング、20代女性・男性におすすめな安いがん保険などを解説します。

がん保険20代おすすめ人気ランキング!必要性は?いらない・不要かも

がん保険20代おすすめ人気ランキング!必要性は?いらない・不要かも

健康な20代にがん保険はおすすめ・必要なのでしょうか。まだ若くてそんなに病気にかかることもないのにがん保険をおすすめされると不思議な気持ちになるかもしれません。

実際、20代のがん保険の加入率は20%前後とそれほど高くありません。しかし、20代のうちにがん保険に加入しておくことはたくさんのメリットがあるのです。

もし、20代と若い自分にがん保険が必要なのを知らないでいると、がんになった後の入院・手術で後悔するかもしれません。

そこで、この記事ではがん保険が自分におすすめかどうか判断するために以下のことについて解説します。

  • 20代でがん保険に加入するメリット・デメリット
  • 20代でがん保険は必要か
  • 20代で加入するなら安いがん保険

この記事を読んで頂ければ20代の自分にがん保険がおすすめ・必要なのかどうかを理解することができますので、ぜひ最後までご覧ください。

自分にベストな20代向けがん保険を確実に知りたいという方は保険のプロに相談しましょう。

当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

20代でがん保険に加入するメリット・おすすめな理由

20代でがん保険に加入するメリット・おすすめな理由

20代でがん保険に加入するメリット・おすすめする理由とはいったい何なのでしょうか。20代でのがん保険の加入をおすすめする理由を見ていきましょう。

20代のがん保険がおすすめな理由①保険料が安い

20代のがん保険がおすすめな理由の1つ目は、とにかく保険料が安いということです。同じ保障内容であれば年齢が若ければ若いほど毎月の保険料は安く設定されています。20代で加入すれば少ない保険料で充実した保障を持てるということになります。

20代のがん保険がおすすめな理由②加入しやすい

20代のがん保険がおすすめな理由の2つ目は、がん保険に加入しやすことです。健康状態に問題が出ることの少ない20代は、がん保険への加入を断られる可能性が低いからです。

20代でがん保険に加入するデメリットは経済的負担

20代でがん保険に加入するデメリットは経済的負担

20代でがん保険に加入するデメリットは、経済的な負担が増えるということです。

20代は特に、収入面で厳しい方が多いと思いますので、がん保険の保険料で経済的に厳しくなるような方は、がん保険の20代での加入はおすすめできません。

20代のがん保険の必要性やデメリットはなんとなくわかったけど、本当にがん保険が自分に必要なのかわからない!という人は保険のプロに相談しましょう。

保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

必要性を感じるかどうかが決めて!20代がん保険おすすめの選び方

必要性を感じるかどうかが決めて!20代がん保険おすすめの選び方

がん保険は20代の自分に必要なのかを考えるにあたって、以下にあげる事項などを参考に総合的に検討するのがおすすめです。

  • 気になる又は心配な部位のがん罹患率
  • 治療にかかる費用とコスパ
  • がんに罹患した場合に予想される経済的損失
  • 自身の貯蓄や家計収支の状況
  • 入院の長期化や治療費の高額化、再発のリスク

がん保険が役に立つ確率は高いと思われますが、必ずしもすべての人が必要としているわけでもなく、20代でのがん保険の加入がおすすめかどうかは本人の価値観によるでしょう。

20代がん保険の必要性は?いらない?20代女性・男性別のがんリスク

20代がん保険の必要性は?いらない?20代女性・男性別のがんリスク

20代にがん保険がおすすめかどうかはがんの罹患リスクも判断基準になります。

現在 20歳男性 20歳女性
10年後 0.3% 0.4%
20年後 0.8% 2%
30年後 2% 5%
40年後 8% 11%
50年後 21% 18%
60年後 42% 29%
生涯 63% 47%

たとえば20歳の人が40歳までにがんと診断される確率は、男性ではわずか125人に1人で、女性でも50人に1人ということになります。

けれども、上の表を見てみると生涯で何らかのがんにかかる確率は高く、男女ともに2人に1人はがんにかかるということがわかります。

この確率を見ると一生がん保険への加入が必要ないという考えにはならないのではないでしょうか。

しかし、20代のうちにがん保険の加入がおすすめかどうかは、安い保険料で一生の保障が欲しいかの価値観によるでしょう。

やっぱりがん保険は必要かも!がんの治療費

やっぱりがん保険は必要かも!がんの治療費

がん保険が20代の自分におすすめか・必要かどうか判断するのに、がんの治療費も役立ちます。

がんの種類 平均在院日数 入院費用(3割負担)
胃がん 19.3日 約28.9万円
結腸がん・直腸がん 18.0日 約25.2万円
気管支・肺がん 20.9日 約20.8万円
乳がん 12.5日 約23.1万円

もしもがんにかかった場合に、実際どれくらいの入院日数が必要で入院費用は3割負担としてどれくらいかかるのかをがんの種類で表にしてみました。

この他に入院中の食事代、そして差額ベッド代は自己負担となりますので、これらを合わせると多くても50万円までと考えておくのがおすすめです。

結婚や就職の際のがん保険加入の必要性は?

結婚や就職の際のがん保険加入の必要性は?

20代では自分ががんにかかるということも、がん保険の必要性もなかなか感じられないはずです。

けれども20代は一般的には人生の転換期を迎える方が多い世代でもあり、学生から社旗人になり早ければ結婚をして家族が増えていってと年齢を増すごとにその責任も増えていきます

そのような中がんにかかり闘病生活を余儀なくされるような事態に陥ったとき、家族や会社に対する責任を考えるとゆっくり治療に専念するという気持ちの余裕さえなくなってしまうかもしれません。

そんな時、がん保険から給付金が支払われ、生活費などの不自由がなくなればどんなに心強いでしょう。

がん保険20代女性・男性おすすめ人気ランキング

がん保険20代女性・男性おすすめ人気ランキング<

がん保険20代おすすめランキングは以下になります。

  1. チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」【20代男性におすすめ】
  2. 医師が考えた女性のためのミニがん保険980【20代女性におすすめ】
  3. アフラック「生きるためのがん保険days1」

1位:チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」【20代男性におすすめ】

20代男性におすすめのチューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」の評判・口コミ

「このがん保険では治療を受けた月ごとに保障金がもらえるので、長期治療にはぴったりだと思っています。」

手術単位や、通院単位ではなく月ごとに保障金がおりるのは意外と珍しいかもしれません。
回数も無制限なので、長期で入院する際には安心ですね!

関連:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」の評判・デメリットは?

2位:医師が考えた女性のためのミニがん保険980【20代女性におすすめ】

20代女性におすすめの医師が考えた女性のためのミニがん保険980の評判・口コミ

「少額短期保険という商品をあまり聞いたことがなく、こんなに保険料が安く済むのかと思いビックリしました。」
そうですね。少額短期保険と聞いて馴染みのない方はまだまだ多いかもしれませんね。保険期間や保障金額に上限を設けることで安い保険料での保障を可能にした保険会社で名前のとおり少額で短期です。「女性のためのミニがん保険980」は保険料がずーっと980円で変わらないので加入しやすいですよね。ただし、年齢が上がるにつれ保障される金額が減少していくので注意は必要ですね。

関連:医師が考えた少額短期保険「女性のためのミニがん保険980」の口コミとデメリット

アフラック「生きるためのがん保険days1」

20代におすすめのアフラック「生きるためのがん保険days1」の評判・口コミ

「がんの告知を医師から受け、いざがん保険の保障金をいただくとなったときに、オペレーターの方がとても親身になってくださいました。」
がんという告知を受けただけでもショックで、保険の難しいことまで考えられないというのが本音でしょう。
オペレーターの方の対応はとても重要ですね。

関連:アフラック「生きるためのがん保険days1」の評判・デメリットは?

20代女性・男性におすすめがん保険の保障内容・保険料をシミュレーションして比較

20代おすすめがん保険の保障内容・保険料を終身でシュミレーションしてみました。

   保障内容 チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 ミニがん保険980 アフラック「生きるためのがん保険days1」
放射線治療 20万円 なし 20万円
抗がん剤治療 20万円 なし 10万円
自由診療 40万円 なし なし
先進医療 2000万円まで保障 なし 2000万円まで保障
診断給付金 100万円  50・80万円 50万円
入院給付金 1万円 なし 1万円
手術給付金 10万円 なし 20万円
通院給付金 1万円 なし 1万円
一月の保険料 4,437円 980円 2,764円

ミニがん保険の場合は300万円の死亡保障がついています。このように20代女性・男性におすすめのがん保険の保障内容を把握しておくことはおすすめです。

ランキングをみたけど、他の保険も比較してどの保険に入るか決めたい!という方は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で、プロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

がん保険のおすすめ保障一覧

がん保険のおすすめ保障一覧

ここでは20代でがん保険の加入を検討するにあたって、知っておくとおすすめな保障をまとめました。

がん保険の 主な保障     保障内容 一般的な金額
診断給付金 がんと診断された時にもらえる一時金 100万円~300万円
入院給付金 がんで入院した時にもらえる給付金 1日あたり5,000円~15,000円
手術給付金 がんで手術をした時にもらえる給付金 入院給付金額の10倍・20倍・40倍
通院給付金 退院後にがんで通院したらもらえる給付金 1日あたり5,000円~15,000円
先進医療特約 がん治療で先進医療を受けた時に、技術料相当額に対してもらえる一時金 通算2,000万円までが多い
女性特約 女性特有のがんの治療目的で所定の手術を受けたときにもらえる一時金や給付金

以下で20代のがん保険のおすすめ保障をそれぞれ解説します。

20代がん保険のおすすめ保障①診断給付金

20代がん保険のおすすめ保障の1つ目は診断給付金です。がんと診断されればもらえる一時金で、不安なときにまとまったお金をもらえるのは助かります。

20代がん保険のおすすめ保障②女性特約

20代がん保険のおすすめ保障の2つ目は女性特約です。おもに女性特有のがんに対して手厚い保障を受けることができますが、商品によって保障内容がかなり違ってくるため注意が必要です。

20代がん保険のおすすめ保障③先進医療特約

20代がん保険のおすすめ保障の3つ目は先進医療特約です。先進医療は全額自己負担となるためこの特約があれば治療の選択肢も広がります。

20代がん保険のおすすめ保障④通院給付金

20代がん保険のおすすめ保障の4つ目は通院給付金です。医療の進歩により通院治療が一般的になってきてるため、必要な保障となります。

20代がん保険のおすすめ保障⑤入院給付金

20代がん保険のおすすめ保障の5つ目は入院給付金です。がん保険の入院給付金は1入院あたりの制限がないので長期入院になっても安心です。

20代がん保険のおすすめ保障⑥手術給付金

20代がん保険のおすすめ保障の6つ目は手術給付金です。基本的には医療保険と同じしくみとなっていて、がん治療のための手術によって給付金が支払われます。

20代女性・男性におすすめ!安いのに保障が手厚いがん保険

20代女性・男性におすすめ!安いのに保障が手厚いがん保険

保険料が安いのに保障が手厚いがん保険が欲しい人にはSBI損保「がん保険自由診療タイプ」がおすすめです。

SBI損保の「がん保険自由診療タイプ」の口コミ・評判

「自由診療でも最新医療でも、全てを保障してくれたので心強かったです」

自由診療や先進医療にかかる費用は保障されないという保険が多い中、SBI損保の「がん保険自由診療タイプ」は高額になる治療費も保障されるので、安心して治療に専念できますよね。
がんの治療も開発が進み、治療費も高額なるケースが増えていますので、しっかりと備えたい方にはありがたい内容ではないでしょうか。

関連:「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)」の評判やメリット・デメリットを解説!

がん保険を含めた生命保険の20代女性・男性の平均保険料

がん保険を含めた生命保険の20代女性・男性の平均保険料

がん保険を含めた生命保険の20代女性・男性の平均保険料は、だいたい月に1万円前後と言われています。

もちろん収入や家族構成によって必要な保障も違ってきますので、それに伴って支払う保険料も変わってくるとは思いますが、保険を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

20代のがん治療に役立つ公的医療保険の必要性

20代のがん治療に役立つ公的医療保険の必要性

20代でがんにかかった場合がん治療を行っていく必要があります。それには公的医療保険がとても役立ちます。ここからは、公的医療保険の必要性について解説していきます。

治療費が軽減!高額療養費制度の必要性

がんの治療には高額療養費制度を利用すれば治療費が軽減されます。これは1ヵ月にかかった自己負担額が所定の自己負担限度額を超えた時に適用されます。

末期がんの方に必要!介護保険の必要性

また40歳以上になると、末期がんになり介護が必要となったときには、介護保険の介護サービスを自己負担1割で受けることができます。

休職者に必要!傷病手当金の必要性

会社員や公務員であればがんで入院して仕事を休んだときに給料が支払われなくても健康保険から給料の約3分の2である「傷病手当金」を最長1年6ヶ月間受取ることができます。

部位別のがんと診断された場合の生存率

部位別のがんと診断された場合の生存率

20代のがん保険選びの際には、部位別のがんの生存率を把握しておくこともおすすめです。

おもな部位 男性 女性
全部位 59.1% 66.0%
前立腺 97.5%
甲状腺 89.5% 94.9%
皮膚 92.2% 92.5%
乳房 91.1%
肝臓 33.5% 30.5%
27.0% 43.2%
胆のう・胆管 23.9% 21.1%
膵臓 7.9% 7.5%

上の表はがんと診断された人の5年相対生存率を表していて、がんと診断されて5年後に生存している人の割合です。

全部位となると男性が59.1%女性が66.0%という結果になっています。前立腺がん・甲状腺がん・皮膚がん・乳がんなどの生存率はほぼ9割以上ある一方で膵臓がんや胆のう・胆管がんの生存率は3割以下になっています。

20代女性・男性の医療保険の必要性は?

20代女性・男性の医療保険の必要性は?

20代女性・男性に医療保険は必要なのでしょうか。

医療保険は、不慮の事故や病気などによって治療費が高額になってしまった場合に備えるという目的があります。

けれども公的医療保険があれば高額な治療費も軽減されたり、傷病手当金が利用できたりすると本当に医療保険は必要ないかもしれません。

ただし、細かいことを言えば入院するといくら公的医療保険を使えても差額ベッド代や入院している間の収入減など医療費以外に出費も大きくなることでしょう。

  • 十分な貯蓄額がない
  • いざということの支援を期待できる相手がいない
  • 勤務先の福利厚生が十分でなく、入院時の費用をカバーできない

このような方は、ご自身やご家族のためにも、万が一の事態に備えて医療保険を検討してみるのがおすすめです。

まとめ:がん保険20代おすすめ人気ランキング!必要性は?いらない・不要かも

まとめ:がん保険20代おすすめ人気ランキング!必要性は?いらない・不要かも

がん保険の20代おすすめランキングやがん保険の必要性について解説しました。

今回の記事のポイントは次のようになります。

  • 20代にがん保険に加入すればメリットが多い
  • 20代にがん保険に加入するかは価値観に従うのがおすすめ
  • 20代に必要ながん保険の保障
  • 効果的ながん保険を選ぶことが重要

急性のがんは突然発症するかもしれませんので、万が一に備えていなければ家族も本人も苦しむことになります。

がん保険を賢く活用し、家族にとっても本人にとっても安心できる20代を過ごすことがおすすめです。

20代向けがん保険に入りたいと思ったら、複数の保険を比較して自分にあった保険を見つけましょう。

保険を比較する際には、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*