メディケア生命「メディフィットプラス」の評判やデメリット

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス(メディフィットPlus)」は実際良いがん保険なの?口コミの評判・評価やデメリットは保険商品の実態を把握するのに役立ちます。ここでは、メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の口コミの評判・評価、メリット・デメリット、保障内容のシュミレーションなどを解説します。

気になるところから読みましょう!

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の口コミの評判・評価やデメリットは?

メディフィットプラス(メディフィットplus)は保険料が安価ながん保険であり、気になるのはその評判や評価、メリット、デメリットではないでしょうか。

メディフィットプラス(メディフィットplus)は口コミおいて評判や評価が高く、人気商品ではありますが、デメリットも存在しています。

この記事では以下の点について解説いたします。

  • メディフィットプラス(メディフィットplus)の評判は?
  • メディフィットプラス(メディフィットplus)のデメリットとは
  • メディフィットプラス(メディフィットplus)のメリット
  • メディフィットプラス(メディフィットplus)がおすすめな人はどんな人?
  • メディフィットプラス(メディフィットplus)の内容や保障内容が知りたい!
  • メディフィットプラス(メディフィットplus)の年代別の月額保険料を見る
  • メディフィットプラス(メディフィットplus)と朝日生命「スマイルセブンスーパー」の保障内容を比較します
  • メディフィットReの口コミの評価、評判
  • 朝日生命「スマイルセブンスーパーの口コミの評価、評判とは?
  • メディケア生命の倒産や保険金の不払いなど評価、評判

FP紹介:森田俊介

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険専門の大規模サイトを自ら運営。

2018年よりがん保険おすすめ.jpを監修している。

メディフィットプラス(メディフィットplus)は評判がよく、注目されている商品であるため、その内容の詳細を知りたい人は多く存在します。

ここではどのような方に適した保険商品であるか詳細を掘り下げて解説いたしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

通院保障を重視する人にはメディフィットプラスはおすすめできない

メディフィットプラスはシンプルな保障内容にすることで保険料が安くなっているがん保険です。

しかし、通院保障を受けることができない点はメディフィットプラスの大きなデメリットと言えます。

がんの通院は長引く可能性が高いのでがん保険を選ぶ際に通院保障が充実しているかどうかというのは大きな判断基準となります。他社のがん保険では通院保障が当たり前のようについていることが多いですし、通院保障を重視する方はメディフィットプラスではなく他社の保険がおすすめです。

それでは、メディフィットプラスがおすすめでない人はどうやって自分に最適な保険をみつければ良いのでしょうか。

1番おすすめなのが、保険のプロと様々な保険を比較して、それぞれの保険にどんな特徴があるのか、保険料が1番やすいもののはどれかなど確認することです。

自分にベストな保険が気になる方は専門家と一緒に気になる保険を比較してみてください。無料なので、やってみて損はありません。

メディアケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の総合評価

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」はシンプルな商品構成となっており、不要な保障内容を省くことで保険料を抑えたがん保険です。

がん以外の3大疾病への保障も手厚いですし、一時金でまとまった金額を受け取れることも魅力的です。

料金改定により保険料が以前より少し値上がりしてしまったのが残念ですが、依然として数あるがん保険の中でもトップクラスに優秀ながん保険だと言えます。

口コミ・評価は?メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の評判

自演口コミを見分けよう!

このサイトでは、「思っていた保障と違った」という悪い評判を含む全ての口コミをチェックし、明らかなやらせ・自演は徹底的に排除しています。
代理店やほけん相談サービスから相談手数料を取るために、2ch、口コミサイトなどにすら自演口コミが紛れ込んでいます。
正しく口コミを見分けるには、加入した時の状況や保障された時の状況を具体的に説明しているような口コミであるかを意識することが大切です。

がん保険おすすめ.jpでは、メディフィットプラスの口コミを大募集しています!
以下のメールに、性別・年齢・星評価5段階・ニックネーム・口コミの詳細を送ってください。
ami.murai.0620@gmail.com
編集部で不適切な内容がないか確認した後、口コミが掲載されます。

 

ここでは、メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の口コミの評価・評判を3つ解説します。

メディフィットプラスの口コミの評価・評判①33歳女性

「メディフィットプラス」の口コミの評価・評判1つ目は33歳の女性「きびだんご」さんです。

「アフラックのCMをみてがん保険を探し始めました。特定8疾病Aプランで月額1700円程度と、安かったので加入しました。がん一時金の支払い限度が1年に1回までと他のがん保険より限度が短かったのも決め手です。」

特定8疾病Aプランは基本給付金額:30万円、初回上乗せ基本給付金額20万円、3大疾病保険料払込免除特約で備えるプランです。

他のがん保険だと、一時金の支払い限度が2年に1回が多い中で、1年に1回一時金がもらえるというのは嬉しいですね。

メディフィットプラスの口コミの評価・評判②26歳女性

「メディフィットプラス」の口コミの評価・評判2つ目は26歳の女性「こぐち」さんです。

「メディフィットプラスの、特定3疾病Aプランに加入しました。保険料が1000円程度と、思っていたより安かったのでよかったです。」

特定3疾病Aプランは、基本給付金額:30万円、初回上乗せ基本給付金額:20万円、3大疾病保険料払込免除特約で備えるプランです。

メディフィットプラスの口コミの評価・評判③40歳男性

「メディフィットプラス」の口コミの評価・評判3つ目はの40歳の男性「toru」さんです。

「先進医療特約で備えられ、保険料も安めだったため加入しました。窓口の人の説明もわかりやすかったことも好印象でした。」

この方も保険料の安さが加入の決め手になったようです。

メディフィットプラス(メディフィット Plus)は、解約返戻金をなくすことで、割安な保険料を実現しています。

メディフィットプラスの口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

デメリットは?メディケア生命「メディフィットプラス」の短所

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス(メディフィット plus)」以下のデメリットを解説します。

△デメリット、注意点

  • 2回目以降のがん一時給付金支給条件が厳しい
  • 保険料払込免除特約条件が厳しいものがある
  • 通院保障がない

2回目以降のがん一時給付金支給条件が厳しい

メディフィットプラス(メディフィットplus)に限らず、がん一時給付金の2回目以降の受取は入院することが給付の条件となる保険商品多数あります。

近年では医療の進歩により、がんであっても通院治療のみで感知するケースも多いので、そういった場合にこの条件はデメリットであると言えます。

とはいえ、入院をしないで完治することは幸いでありますし、費用の負担も一般的には軽減されるでしょう。

保険料払込免除特約条件が厳しいものがある

がんをはじめとした重大な疾病と診断されたとき、その後の保険料の支払いが免除される保険料払込特約免除というオプションがメディフィットプラス(メディフィットplus)にはついています。

急性心筋梗塞と脳卒中については診断のみ、または軽い入院といった内容では、免除になることがなく、これは比較的に厳しい条件と言えるでしょう。

また三大疾病のみが対象となるので、特定三大疾病を対象とする保険商品と比較すると保障の範囲が狭いことがわかります。

通院保障がない

メディフィットプラスには通院保障がついていません。がんは通院が長引くことが考えられるので通院保障が用意されていないことは少し気がかりです。

メディフィットプラスのデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

メディケア生命「メディフィットプラス(メディフィットPlus)」のメリットは?

メディケア生命「メディフィットプラス(メディフィットPlus)」のメリットは以下になります。

◎メリット

  • 上皮内がんも保障される
  • メディケア生命のサービスが無料で利用できる
  • 基本保障が特定8疾病など保障範囲が広い
  • 先進医療特約の内容が良い

上皮内がんも保障される

保険料払込免除特約にはがん・急性心筋梗塞・脳卒中が対象となっていることを、先にも述べました。

その中でもがんについては悪性新生物のみならず上皮内がんも対象に含まれるので、他の保険商品と比較しますと手厚い保障であることが伺えます。

メディフィットプラス(メディフィットplus)を検討されている方の中にはコストパフォーマンスについて考慮されている方も多いと思いますので、いざというときに支払い負担がなくなるというのであれば大きなメリットになるのではないでしょうか。

メディケア生命のサービスが無料で利用できる

メディフィットプラス(メディフィットplus)に加入することで下記のようなサービスを無料で利用することができます。

内容
24時間電話健康相談サービス 24時間365日年中無休対応
健康、介護、育児、医療、メンタルヘルスについて相談可能
被保険者のみならず、配偶者と同居の家族対象
医師、看護師、保健師などのスタッフが対応
セカンドオピニオンサービス 被保険者のみが利用可能
面談の結果、必要に応じて優秀専門臨床医を紹介してくれる

ご覧いただいたように24時間体制のサービスやセカンドオピニオンといった充実した内容となっております。

加えて、本サービスはティーペック社の提供であるということも大きなメリットと言えます。

基本保障が特定8疾病など保障範囲が広い

コストパフォーマンスの高い保険商品である上に、基本保障の範囲が広いというのは大きなメリットです。

特定8疾病に備えられる上に、心疾患と脳血管疾患も保障範囲に含まれているのです。

他の保険商品では急性心筋梗塞のみであったり、脳卒中のみであったりということが、メディフィットプラス(メディフィットplus)にはなく、保障の範囲が広いことがわかります。

一般的にがん保険はがんのみに適用されることを考えると、この保障範囲の広さは大きなメリットと言えるでしょう。

先進医療特約の内容が良い

メディフィットプラスの先進医療特約は他のがん保険のものと比べてかなり内容が手厚くなっています。他社のがん保険では、先進医療特約はがん治療に限定されていることが大半ですが、メディフィットプラスはその他の先進医療にも幅広く対応しており、5万円の一時金まで受け取れるようになっています。

メディフィットプラスのメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

参考:メディフィットプラスの特徴

参考:生命保険文化センター

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」がおすすめな人

メディフィットプラス(メディフィットplus)がお勧めの方は、お手頃な保険料でがんなどの病気の手厚い終身保険に加入したい人です。

つまり、高いコストパフォーマンスを求める方におすすめの保険商品と言えます。

例えば20歳で保険料払込期間を終身として加入した場合、月々の負担は一生涯1,342円というケースもあり、これは驚きの金額と言っても良いでしょう。

他の保険商品と組み合わせての加入、また子育て中など期間を限定しての上乗せ加入など、金額が軽いという点からも用途は様々です。

メディフィットプラスがおすすめな人はわかったけど、他の商品との比較もしてみたい!という方もいるでしょう。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

参考:金融庁

メディケア生命「メディフィットプラス」の商品・保障内容を評価

ここではメディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の商品・保障内容を評価していきます。

メディフィットプラス(メディフィットplus)について下記にまとめましたのでご覧ください。

商品名 メディフィットプラス(メディフィットplus)
引受保険会社 メディケア生命
保険期間 終身
加入可能年齢 20~75歳(主契約)
主契約 ・特定3疾病保障型と特定8疾病保障型のどちらかを選択
保険料払込期間 終身、60歳まで、65歳まで、70歳まで、75歳まで、80歳までの6種から選択
主契約の保障内容 ・基本給付金額・・・10~100万円・初回上乗せ基本給付金額・・・0~90万円

また加入年齢も幅広く、保険料も保障も一生涯変わらないというコストパフォーマンスの高さが伺えます。先にも述べましたように心疾患が保障されている点は非常に大きなポイントです。

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の特約について

メディフィットプラス(メディフィットplus)の特約の内容を以下にまとめました。

特約 内容
先進医療特約(上皮内癌も同額保障) 先進医療による療養が一生涯保障
先進医療給付金(技術料相当額(自己負担額))と先進医療一時給付金5万円を受取(通算2,000万円程度)
3大疾病保険料払込免除特約(上皮内癌も対象) 3大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)で所定のいずれかになったとき、以後の保険料の支払い負担は不要

先進医療特約(上皮内癌も同額保障)

先進医療による療養が一生涯保障され、先進医療給付金(技術料相当額(自己負担額))と先進医療一時給付金5万円を受け取れます。通算2,000万円が限度となっています。

3大疾病保険料払込免除特約(上皮内癌も対象)

3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の理由のいずれかに該当されたとき、以後の保険料の負担が必要なくなります。

どちらの特約も上皮内癌が対象となっている点は、メディフィットプラス(メディフィットplus)の保障の広さをうかがえます。

さらに先進医療特約については、がんに限らず、先進医療による療養を保障の範囲に含めているというのも心強い点であると言えます。

メディフィットプラスの保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

メディケア生命「メディフィットプラス」の保障内容・保険料をシュミレーション・試算

33歳女性がメディフィットプラスに加入した場合のシミュレーションをいたします。

種類 料金
主契約(特定8疾病保障型) 2,090円
3大疾病保険料払込免除特約
先進医療特約 141円
合計 2,231円

上皮内癌を含むという保障範囲の広さの上に、特定8疾病保障型を主契約に、さらに払込3大疾病保険料払込免除特約を付加した上で2,231円というのは、高いコストパフォーマンスと言えます。

メディフィットプラス(メディフィット Plus)の保険料・保障内容シュミレーション・試算は以下のリンクからできます。

メディケア生命保険料シュミレーション

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」の告知内容は?

加入するにあたり、必要な告知書の内容を下記の表にいたしましたのでご覧ください。

1 告知日
2 被保険者指名(自著)親権者・後見人指名(自著)
3 職業
4 医師の診察医師の検査
5 7日以上の期間手術
6 視力の障害そしゃく
7 妊娠
8 喫煙
9 健康診断・がん検診または人間ドック
10 病気やケガの名前
11 現在の状態
12 高血圧・高血糖・貧血

告知に不備が生じていた場合、給付金が支払われないという事態も想定されますので、告知はどういった項目であっても正確に記入しましょう。

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」約款の内容は?

約款の内容を箇条書きにいたしましたのでご覧ください。

・特定疾病一時給付保険(無解約返戻金)普通保険約款

・先進医療特約(11)

・3大疾病保険料払込免除特約

・責任開始期に関する特約

内容をかいつまんでピックアップしますと、がんの診断確定、給付の種類、給付金の支払い、対象となる事故や疾病などについて記載されています。

じっくりと読み進めましょう。

詳しい約款の内容を知りたい方はこちら

メディケア生命「特定疾病一時給付保険(無解約返戻金)メディフィットプラス」ご契約のしおり・約款

申し込み方法

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス(メディフィット Plus)」の申し込み方法は以下の2種類があります。

  • インターネットでの申し込み
  • 郵送での申し込み

以下解説します。

インターネットでの申し込み

インターネットによる申し込み方法について解説いたします。

1.保険料シミュレーションでお申込内容を決定

2.マイページの作成(ログイン)

3.お客様情報のご入力

4.告知情報のご入力

5.保険料のお払込情報のご入力

6.お申込み完了

来店が不要なことに加え、パソコンやスマートホンなどオンラインの環境であれば、いつでも申し込み可能な利便性の高い手段です。

インターネットが苦手という方でも、何かわからないことがあれば、Q&Aや電話相談という方法もありますので検討をしてみるのも良いかと思います。

郵送での申し込み

郵送での申し込み方法について解説いたします。

1.資料のご請求(お客様が実施)

2.資料送付(メディケア生命が実施)

3.郵送でお申し込み(お客様が実施)

郵送での申し込み方法についても簡易的でシンプルな内容となっております。

また資料請求の前に電話での相談なども承っているようですので、気になる点があれば活用するとよいでしょう。

資料送付には通常で2~5営業日となっているようです。

メディケア生命のがん保険「メディフィットプラス」年代別の月額保険料

性別と保障内容は同じ条件で、年代別に月額保険料をシミュレーションをしてみましょう。

◆性別:女性

◆保障内容:主契約(特定8疾病保障型、先進医療特約、3大疾病保険料払込免除特約)

◆基本給付金額:50万円

◆保険料支払期間:終身

年代 月額保険料
20歳 1,342円
30歳 1,964円
40歳 2,935円
50歳 4,244円
60歳 6,019円

メディフィットプラスと朝日生命「スマイルセブンスーパー」の保障内容を比較

メディフィットプラス(メディフィットplus)とスマイルセブンスーパーを先進医療特約のみを付加した条件で比較しましたのでご覧ください。

◆性別:女性

◆年齢:33歳

◆保障内容:(主契約、先進医療特約)

◆基本給付金額:50万円

◆保険料支払期間:終身

商品名 月額料金
メディフィットプラス(メディフィットplus) 1,735円
スマイルセブンスーパー 1,216円

僅差でスマイルセブンスーパーのほうが、月額料金において安くなっています。

どちらも優劣のつけがたい良い保険商品で、似たようで違いのあるものですので、自身に合った保険を選ぶことが良いでしょう。

メディケア生命「メディフィットRe」の口コミの評価・評判は?

「糖尿病の持病があったので緩和型の保険を探していました。他社商品と比べて手術一時金の金額の高さや、長期入院無制限などの手厚い保障があったので魅力を感じ加入しました。」

糖尿病などの持病のある方にとっては7大生活習慣病での入院も日数が60日プラスされるのも安心ですね。手術給付金もⅡ型を選択すると最高40倍の保障があるのは万が一の時心強いポイントですね。

メディケア生命「メディフィットRe」は加入のための告知内容や審査が緩い、引受基準緩和型医療保険です。

引受基準緩和型医療保険にしてはカスタマイズ性が高いのが特徴です。

メディケア生命「メディフィットRe」の口コミの評価・評判

朝日生命「スマイルセブンスーパー」の口コミの評価・評判は?

「がんだけではなく脳卒中や糖尿病にも備えることができるのでとても安心です。」

がんだけでなく6大疾病も保障の対象範囲に含まれているというのは、やはり大きな安心ですよね。

がん以外の病気にもしっかり備えておきたいという方には、かなりおすすめできます。

再発が怖い、がんや脳卒中ですが、朝日生命「スマイルセブンスーパー」の、2回目以降の給付条件は他社と比べて緩いです。

朝日生命「スマイルセブンスーパー」の口コミの評価・評判

メディケア生命の評価・評判は?倒産や保険金の不払いは大丈夫?

いざ加入するとなれば気になるのは倒産や保険金の不払い、そういったものを含めた評判・評価です。

メディケア生命は住友生命が80%、三井生命が20%を出資して設立された会社であり、住友生命の子会社となります。

それだけでも安心感はあるのですが、ソルベンシー・マージン比率としても、平成28年度においては「3,987.7%」となっており、200.0%以上であれば十分な支払い能力があるという数値の約20倍となっているので、支払い負担した保険料が無駄になるというような事態は皆無に近いと言えるでしょう。

また不払いなどの評判などもないため、信頼に値する会社であることは間違いありません。

まとめ:メディケア生命「メディフィットプラス」の口コミの評判・評価やデメリット

ここまでメディフィットプラス(メディフィットplus)の口コミや評価・評判、またデメリットについて解説いたしました。

以下に本記事のポイントをまとめます。

・ 2回目以降のがん一時金給付金支給条件、保険料払込免除特約条件に厳しいというデメリットがある

・上皮内がんも保障、無料サービス、基本保障が特定8疾病など保障範囲が広いというメリットがある

・心疾患も保障される

・高いコストパフォーマンスを求める人に適した保険商品である

がんは身近な病気となってきており、それに対する備えを準備していないと、ご自身を含め、周囲の方々も苦しむことになります。

若いうちから備えることで月々の負担を軽減できるので、20歳を超えたお子様などにも加入を勧めるという手段も良いかと思います。

もしメディフィットプラスよりも良い保険があるか知りたい!という人がいたら、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

無料なので、やってみて損はありません。

パンフレットはこちらから請求することができます。

メディケア生命資料請求

参考:厚生労働省

参考:メディフィット生命メディフィットプラス保険料シミュレーション

FPの評価
レビューした日
保険名
メディフィットプラス
おすすめ度
31star1star1stargraygray

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*