アフラックは不払いが多いって本当?実は原因は加入者にあり

「アフラックの保険は不払いが多いって本当?」「どうしてアフラックは悪評が多いの?」と気になる方向けの記事です。

アフラックの保険の保障内容に惹かれて加入を検討していたところ、ネット上の評判・口コミにはどこを見ても不払いに関する悪評が多く、不安になってしまった、という方もいらっしゃるでしょう。

あなたには何のがん保険がベスト?

なんのがん保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。

そこでこの記事では以下のことについて解説していきます。

  • アフラックの評判・口コミは悪いって本当?
  • アフラックは不払いが多い。その原因は
  • アフラックの各商品についての不払いに関する評判と口コミ

ぜひ最後まで記事に目を通していただいて、アフラックの保険への加入を検討する際の参考にしてください。

アフラックの評判・口コミは悪いって本当?

アフラックの保険に関するインターネットの口コミを見ると、アフラックの保険商品について批判している書き込みがされていることが多いです。

しかし実際にはアフラックはインターネットの口コミで書かれているような悪い会社では決してありません。

アフラックに関するこうした悪い評判が広まってしまっているのは過去の不払い問題などにも理由があるようです。

アフラックは不払いが多いとの不満が続出。その原因は?

アフラックの評判をネット上で検索してみると不払いについての悪評が目立ちます。

しかし、実際のところその原因はアフラックにあるではなく、契約者が契約内容や注意事項に十分目を通していないことが原因となっているようです。

保険加入者の保険金請求漏れ

アフラックの保険の不払いで最も多いのが契約者が保険内容を十分に把握することを怠ったために請求するのを忘れていたというケースです。

保険会社は保険加入者から保険金が請求されない限り保険料を支払うことはありません。保険に加入しただけで、治療を受けた際には自動的に保険金が支払われると勘違いしている方も意外と多いようです。

また、手術に対する保険金は支給したもののその後の通院も保障されていることを忘れてしまっていて、通院保障分の保険料を請求し忘れているというケースも多いようです。

実際には加入者側の不備が問題にも関わらず、会社のせいだと言われて評価が下がってしまうのは気の毒に思えてしまいます。

それに対処するために、近年アフラックは年に一回契約内容の案内を加入者に郵送するなどして不払いが生じないように努めているようです。

告知義務に違反している

加入者が申込手続きをする際に健康状態を正確に告知せず、嘘の内容を記述したことにより保険金が支払われなかったケースもあります。

加入者本人は保険金が支払われないことに対して納得がいかず、インターネット上に書き込みをする場合が多いのですが、これも告知義務に違反した加入者側に非があると考えられます。

アフラックはその知名度の高さから契約者の数が大変多く、たとえ告知義務違反者の割合は低くても告知義務違反によって保険金が支払われなかったという人が一定数いるでしょう。

昔のアフラックの保険には短期入院向けの保障がない

アフラックへの悪評でよく見られるのが、「がんに疾患した際に受け取ることができた保険金が予想していた金額よりもずいぶん低い」という口コミです。これはアフラックが保険料を支払っていないのではなく、アフラックは入院が20日以上経過してから保険金を支払うことになっていることが多く、短期入院が主流となってきた現在のがん治療においては保障がうけられないことは仕方がないことだと言えます。

ただし、上記の保障内容はかなり前のアフラックの保険の保障内容であり、近年販売されている商品は時代の流れに合わせて短期入院に対しても保険料を支払うという保障内容のものが大半となっているので、それらの商品を選べば不払いについて悩まされることはないでしょう。

そのほかの保険金が支払われないケースを詳しく知りたい方はアフラックの保険金等をお支払いする場合、お支払いできない場合の具体的事例をご覧ください。

アフラックの保険各種での不払いに関する評判・口コミ

ここでは、アフラックの不払いの評判を以下の保険商品別に見ていきます。

  • 生きるためのがん保険Days1
  • ちゃんと答える医療保険EVER
  • スーパー介護年金プランVタイプ

アフラックの商品ごとに不払いの評判が違うのか解説していきます。

アフラック「生きるためのがん保険Days1」の不払いの評判

アフラックの生きるためのがん保険Days1の保障内容を理解していなかったため、保険金の不払いが起こったという事例がたくさんあります。

アフラックの保険金不払いに合わないためにも、以下のポイントは押さえておかねばなりません。

  • がんの治療を目的としない検査や入院には保険金は支払われない
  • 責任開始日前にがんと診断された場合、保険金は支払われない
  • 告知を正しく行わなかった場合、保険金が支払われない。契約解除となることも

こちらを正しく把握しておけば、アフラックの不払いに合った!と感じることも無くなります。

関連:アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1」の評判とデメリット

関連:アフラック「生きるためのがん保険Days1プラス」の口コミやデメリットを徹底解説!

関連:アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の口コミとデメリットを紹介!

アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」の不払いの評判

アフラックのちゃんと応える医療保険EVERは、女性専用タイプもあり、非常に人気のある商品です。

しかし、この商品にも保険金の不払いに合ったという評判が多くあります。

例えば、三大疾病入院一時金特約をつけて、悪性黒色腫と診断され入院と手術をしたが、この特約で保障されなかったという人がいました。

これは、医師の診断書にがん治療だという記載がなかったことが原因だと考えられます。

アフラックほどの大手になれば、支払い条件を満たしているのに保険金の不払いが起こるということはありませんので安心してください。

もし納得いかない場合は、担当者になぜ支払われないのか理由を聞き、自分の中で納得することが重要です。

関連:アフラックの医療保険「ちゃんと答える医療保険EVER」の評判とデメリット

関連:アフラック「ちゃんと応える医療保険レディースEVER」の評判やデメリット

関連:アフラック「ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER」の口コミとメリット・デメリットを解説!

Yahoo!知恵袋でもアフラックの評判がありますので、見たい方はYahoo!知恵袋でのアフラック不払いの評判をご覧ください。

外資系は信用できない?なぜアフラックには悪評が多いのか

アフラックは外資系企業だから日本人のことをぞんざいに扱っていると主張する人も稀にですがいらっしゃうようです。

もちろん、外資系企業=日本人への態度が悪いというのは事実無根ですし、契約者に対して足元をみるような保障内容もありません。

加えて、アフラックは2018年に日本法人となりましたので外資系企業とは言えなくなりました。

まとめ:アフラックには悪評が多いが、原因は加入者に落ち度にあるケースが大半

医療保険40代おすすめ人気ランキング!40代女性・男性別の選び方

アフラックは不払いが多い?という内容について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは以下のようになります。

  • アフラックは不払いが多いと言われており、評判があまり良くない
  • しかしその原因は加入者にあることが多い
  • 外資系企業であることと悪評は無関係

アフラックの保険への加入を検討していた方はぜひこの記事の内容を参考にしてください。

Yahoo!知恵袋でのアフラック保険金不払いの評判

アバター

ID非公開さん

酷い! ずるい! アフラックの不払い、医療保険金を払ってもらうには、どうしたらいいですか?
また、払ってもらえる可能性は?

30代後半、2児の父です。昨年私は、悪性黒色腫(皮膚がん)になりました。
目頭に出来たホクロが、そう診断されました。2回手術。転移はありません。

アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」という医療保険と、そのオプション「三大疾病入院一時金特約」(ガンの手術で入院したら一時金がもらえる、他、脳梗塞と心筋梗塞も)に加入していたので、保険金がもらえると思い申請したのですが、オプション分の保険金が払われませんでした。

※入院や手術手当て金は、もらえました。
(最初は告知義務違反と言われて、契約解除にもっていかれそうでしたが、そこは違うと証明できたので、現在はその次の段階です)

■手術内容など
12月下旬に1度目の手術。日帰り。ホクロを切り取り、病理検査。
1月初旬、医師から悪性黒色腫の告知を受ける。

2月下旬、2度目の手術。ほくろの合った場所を一回り大きく(半径1cm程度)切除し、唇の皮膚を移植。
入院は2泊3日(保険適用内の手術、がん細胞が残っている可能性があると言われたため)

■不払いの理由
1回目の手術は、入院をともなっていないので、ダメ。
2回目の手術で切り取った細胞からガン細胞が検出されていないので、2回目の手術は入院しているが、ガンの手術ではないのでダメ

以上の理由で、保険金は払えないと言うのです。おかしくないですか?
私が思うに、1回目は検査用の手術、2回目がガンの為の手術本番だと思うのですが間違っていますでしょうか?
運よく2回目の手術で切り取った細胞にがん細胞が無かったのは良かったですが、だからガンの手術じゃないって、言うアフラックの解釈がおかし過ぎます。少なくとも私には理解できません。

■約款(支払う条件)
がん(悪性新生物)により入院したとき

アフラックいわく、上記を満たさないようです。
現状、国民生活センター紛争解決委員会にも相談していますが、もし上記でアドバイスいただける人がおられましたら、ぜひお助けください。

正直、こんな理由で支払いを断られると分かっていれば、
①1回目の手術で一泊入院する
②1回目の切り取りを小さくする
なども、選択できたと思います。実際するかは別ですが。

アフラックを検索すると
契約件数と不払いナンバー1、悪徳などひっかかります。

■保険契約日は昨年2015年7月
アフラック ちゃんと応える医療保険エバー EVER

補足多くの回答にとても感謝しています。皆様ありがとうございます。
少し補足いたします。

■医師の診断書 傷病名
左結膜腫瘤
■治療期間
初診日(1回目の手術の3ヶ月前)~現在加療中(2回目の手術後の1ヵ月後時点)

上記の様に、診断書に「悪性新生物」や「悪性黒色腫」といった記述はありません。
私もそこが気になり、医師に相談しましたが「今回のケースでガンと認められない事はありえない」と言われました。医師からは口頭で「悪性黒色腫」と告知されています。

告知のタイミングは、1回目の手術(細胞を切り取り検査)のすぐ後(1週間後)です。

しかし、診断書を送ったアフラックからは、「こちらで医師にもう一度調査する」と連絡が入り、その結果が、今回の「支払いできない」になりました。

アフラックの言い分は前述もしていますが「2回目の手術で切り取った細胞からガン細胞が見つからなかったので、2回目の手術はガンの手術、入院ではありません」との事です。

アフラックが医師に対して都合の良い質問をし、それを都合よく解釈していると感じます。

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

ski********さん

医者です
貴方は全面的に正しい
「1回目の手術は、入院をともなっていないので、ダメ。
2回目の手術で切り取った細胞からガン細胞が検出されていないので、2回目の手術は入院しているが、ガンの手術ではないのでダメ」
この様な理屈がまかりとうしてはいけません
訴訟になっても必ず勝ちます
主治医も証人になってくれるでしょう
主治医に保険会社の対応をお話ししてみて下さい

出典:Yahoo!知恵袋

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*