郵便局でかんぽ生命の保険を解約する方法!解約返戻金の払い戻しがいつかも解説

郵便局でかんぽ生命の保険を解約する手順を知りたい!

ついでに解約返戻金の払い戻しがいつのなのかも知りたい!

という方向けの記事です。

もし、解約する時の注意点があったら知っておきたいですよね。

そこで、この記事では郵便局でかんぽ生命の保険を解約する方法について以下のことを解説します。

  • 郵便局でかんぽ生命を解約する手順
  • 郵便局での解約にかかる時間や解約手続きが行える時間帯は?
  • 委任代理人でも解約できる
  • 解約以外の選択肢
  • 解約返戻金の払い戻しはいつ?

郵便局での解約をスムーズに行うためにもぜひ最後までご覧ください。

関連:かんぽ生命のがん保険はアフラック!オリジナルプランがある

関連:かんぽ生命の解約返戻金はいつ振り込まれる?いつ解約するのが1番いいの?

関連:かんぽ生命には医療保険がない!ただし終身・定期保険に医療特約を付けられる

郵便局でかんぽ生命を解約する手順

まずはかんぽ生命の解約手続きに必要な書類を用意してください。

  • 郵便局での解約に必要な書類は以下です。
  • 保険証書
  • 保険契約者本人の確認が取れる書類
  • 印章
  • かんぽ生命所定の通知書(郵便局にあります)

もし保険証券を家に忘れたとしても、保険証券記号番号を申告すれば、手続きができます。

参考:かんぽ生命「保険証券のご提出ができない場合のお手続きに関するご案内」

注意しなくてはならないのが、未成年者は親の同意と未成年者・親の続柄を確認できる書類が必要なことです。

未成年者・親の続柄を確認できる書類は、続柄の記載されている住民票や健康保険証などです。

参考:かんぽ生命「解約のお手続き」

必要書類を用意したら、郵便局で解約手続きを行いましょう。

簡易郵便局では解約手続きができないので注意してください。

郵便局での解約にかかる時間や解約手続きが行える時間帯は?

郵便局での解約には30分ほどかかります。

主に時間がかかるのが書類の記入や検査です。

また、郵便局でかんぽ生命の解約が行える時間帯は、平日の9時から16時になっています。

仕事があって厳しいという方は、他の人に解約を委任すればその人に解約してもらうこともできます。

以下で委任代理人の解約について解説していきます。

委任代理人でも解約できる

もしかんぽ生命契約者本人が郵便局に行けない場合、委任代理人でも解約手続きを行えます。

委任代理人による解約手続きは、前述した解約に必要な書類に加え、以下の書類が必要になります。

  • 委任者の本人確認ができるもの(運転免許証・個人番号カードなど)または、印鑑登録証明書
  • 委任代理人の本人確認ができるもの(運転免許証・個人番号カードなど)
  • 委任代理人本人の印章
  • 委任状

委任状は以下でダウンロードできます。

かんぽ生命「委任状」

郵便局での解約すると引き止められる!その理由は解約返戻金など

郵便局でかんぽ生命の解約を行おうとすると高確率で引き止められます。

その理由は解約返戻金の払戻額が少なくなってしまうからです。

特に契約して5年以内に解約してしまうと、解約返戻金が全くないか、あってもほとんどない状態になります。

また、解約してもう一度他の保険に入り直す際に契約者の健康状態が悪化していた場合、保険に加入することができないことも考えられます。

そうなると、なんの保険にも加入していないので様々なリスクに対応できなくなるリスクがあるのです。

そのため、郵便局ではかんぽ生命を解約する時には、もう一度考えるよう促すことが指導されているようです。

もし、自分がかんぽ生命を解約すべきかわからないという方は、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で相談するのがおすすめです。

かんぽ生命の保険を解約すべきかどうかはもちろん、その後なんの保険に入り直すべきか、そもそも保険が必要なのかというところまでアドバイスがもらえます。

また、何回相談しても無料なので損をするリスクがありません。

解約以外の方法はないの?

保険自体は入り続けたいけど、お金が一時的になくなったので解約したいという方におすすめなのが、契約者貸付制度です。

利息はかかりますが、保険に入っていない状態になるリスクのある解約よりおすすめです。

解約返戻金の払い戻しはいつ?

解約返戻金は通常翌営業日に振り込まれます。

しかし、契約内容によっては、1週間後になることもあるので、どうしても不安な方は以下から問い合わせてみてください。

かんぽ生命「お問い合わせ」

まとめ:郵便局でかんぽ生命の保険を解約する方法!解約返戻金の払い戻しはいつ?

郵便局でかんぽ生命の保険を解約する方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

この記事のポイントは以下になります。

  • 郵便局でかんぽ生命の保険を解約するには複数の書類が必要
  • どうしても契約者が郵便局に行けない場合は委任代理人に解約してもらえる
  • お金に困って保険の解約を検討しているなら、契約者貸付制度がおすすめ
  • 解約返戻金の払い戻しは通常翌営業日

この記事を読んでもに入るべきなのかわからない、もっと良い保険はないの?という方は当サイトが唯一おすすめする保険相談サービス「ほけんROOM相談室」で気になる保険を比較すると良いでしょう。

何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*