最悪って本当なの?明治安田生命の商品や営業の評判を紹介!

「明治安田生命の営業評判が最悪と耳にしたけど実際どうなの?」

「明治安田生命の保険が気になっているけど、最悪と聞いて不安」

という方の疑問・不安を解決する記事となっています。

保険に入ろうとしている方の中には、明治安田生命の保険が候補という方も多いでしょう。

安心して加入するために保険会社の評判もちゃんと知っておきたいですよね。

この記事では以下の内容について説明します

  • 明治安田生命の勧誘は最悪なのか?詳しく検証します
  • 明治安田生命の保険商品は最悪どころか良いという意見も
  • 明治安田生命に対して最悪という意見から良いという声まで一挙紹介

明治安田生命の「最悪」という評判が事実なのか、記事を読んで確認しましょう!

明治安田生命の勧誘は最悪なのか?詳しく検証します

まず、明治安田生命の契約の際の勧誘に関して見ていきましょう。

一昔前ですと、しつこく勧誘する生保レディの方もいらっしゃるイメージもありますが、実際にはどうなのでしょうか。

明治安田生命の新規契約に対するクレーム多数

 

新規契約の苦情に関する情報として、一般社団法人「生命保険協会」のデータがあります。

下の表は、平成30年度の四大生保の苦情件数と、その内の新規契約に対する割合に関するものです。

日本生命 第一生命 明治安田生命 住友生命
苦情件数 55,096件 34,871件 38,285件 55,412件
うち、新規契約の割合 11.0% 9.5% 12.0% 9.7%

これを見ると、明治安田生命の苦情件数そのものは、4社の中では少ないのですが、そのうちの新規契約に関する割合は、12.0%と4社の中で最悪となっています。

新規契約の苦情ということは、おそらく、強引な勧誘などのクレームと考えられますので、やはり、明治安田生命の勧誘が最悪という評判はなきにしもあらず、ということなのかもしれません。

明治安田生命の保険商品は最悪どころか良いという意見も

次に、明治安田生命の個別の保険商品の評判をいくつか見ていきましょう。

新規勧誘の評判と同様に、ネガティブな評判なのでしょうか。

明治安田生命つみたて学資

明治安田生命の「つみたて学資」は、以下のポイントで人気の学資保険です。

  • 他社と比較して、受け取り率が高い
受け取り総額
300万円 200万円
保険料払込期間 15歳まで 104.3% 102.9%
10歳まで 105.8% 104.8%

銀行金利が超低金利の現在、定期預金に預けておくよりも、かなり効率の良い貯蓄代わりになります。

  • 保険料の払い込みは、遅くとも15歳で終了

保険料の払い込みは10歳または15歳で終了するため、支出が負担にならず、しかも資金の受け取りは18歳から21歳までの満期時期の全部で4回で、大学など最もお金が必要な時期に受け取れます。

  • 契約者が万一のときは、保険料の払い込みは免除される

 

以上のように、明治安田生命の「つみたて学資」は他社の学資保険と比べても人気があるようです。

介護のささえ

明治安田生命の「介護のささえ」は、所定の介護状態になったときに、一時金、終身年金、万一の保障を一生涯にわたり受け取れる保険として人気があります。

主な人気のポイントは、

  • 軽度介護一時金保障特約を付加すれば、要介護1から一時金が受け取れる

一般的に、要介護認定3以上にならないと給付金を受け取れないものが多いのですが、要介護1から一時金がもらえるのは非常に大きな安心感につながります。

  • 一時金受け取り後、1年経過後に要介護1以上に該当していると、保険料の支払いが免除される

これも、他の介護保険に比べ払込免除になる可能性が高く、大きな付加価値といえるでしょう。

明治安田生命に対して最悪という意見から良いという声まで一挙紹介

明治安田生命の保険商品に関しては、好評なものもあるようでした。

一方、明治安田生命という会社としては、良い評価も悪い評価もあるようです。

以下で具体的に見ていきましょう。

明治安田生命が最悪な保険会社だという低評価

明治安田生命に関するコメントには、

  • 保険内容をあまり理解していない
  • 他社と比べて良いのかどうか、よくわからない
  • 加入してから日が浅く、給付金をもらったことがないので、よくわからない

というものがあります。

決して最悪ということではないようなのですが、もしかしたら、その背景には、担当者の説明が十分でなかった、という可能性も考えられます。

また、冒頭の「生命保険協会」の平成30年度生保の苦情件数のデータで、明治安田生命の苦情の内訳は、

  • 新契約関係が12.0%
  • 収納関係が7.4%
  • 保全関係が32.6%
  • 保険金関係が19.0%
  • その他が29.0%

と、保全関係が最も多くなっています。

さらに、保全関係の内容をみると、名義変更・住所変更や解約手続きの件数が突出して多いのがわかります。

内容 件数
配当内容 442
契約者貸付 589
更新 578
契約内容変更 1,107
名義変更・住所変更 2,358
特約中途付加 79
解約手続 2,687
解約返戻金 709
生保カード・ATM関係 169
その他保全関係 3,770

このように、名義変更や住所変更、解約手続きの対応に対して不満を抱き、そのことから明治安田生命が最悪という感じている方が多いのかもしれません。

明治安田生命は良い保険会社だという高評価

一方で、明治安田生命は良い保険会社だというコメントも見られます。

具体的にどのようなコメントがあるのでしょうか。

  • 大手の安心感、自分に合った保障のプランがあり満足している
  • 営業担当者のサービスがよく、保障にも満足している
  • 担当者の説明が丁寧でわかりやすく、対応も大変良い

大手保険会社であることの安心感、また、営業担当者の対応が親切、というコメントのようですね。

前述の低評価とは、全く逆のコメントですが、営業担当者の中には、対応の不誠実な担当者もいれば、きめ細やかで親切な対応をされる方もいらっしゃるということがわかります。

まとめ:最悪って本当なの?明治安田生命の商品や営業の評判を紹介!

明治安田生命の評判に関して述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 4大生保の中では苦情件数は少ないが、新規契約に関する割合は、12.0%と4社の中で最悪
  • 最も苦情が多い項目は、保全関係で32.6%
  • そのうち、住所変更・名義変更や解約手続きに関する苦情件数が突出しても多い
  • 明治安田生命の商品自体は、高評価のものもある
  • 明治安田生命の会社に対する評判は、良いものも悪いものも、担当者の対応に関するものが多い

こうしてみると、保険商品そのものは良い評判もあり、悪評の多くは営業担当者の対応に関する不満のようでした。

中には対応の良い担当者もいらっしゃるようなのですが、「担当者は当たり外れ」ということではなく、きちんと教育や研修を行い、全員が一定のレベルに達するようにしていただきたいものです。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*