ソニー生命「終身がん保険」の評判と口コミやメリット・デメリットを解説!

ソニー生命「終身がん保険」の3つの特徴

まずは、ソニー生命の「終身がん保険」の特に優れたポイントを3つご紹介します。

  • がん治療に必要となる費用に万全の体制で備えることができる
  • がんだけでなく三大疾病でも手厚い保障を受けられる
  • 保障内容が充実しているのでコストパフォーマンスが良い

ソニー生命の「終身がん保険」は保障内容が大変充実しているので、若年層から高齢層まで幅広いニーズに対応できるという点からも評判や評価が非常に高い商品だといえます。

しかし、大変評判や評価が高いソニー生命の「終身がん保険」ですが

  • なぜ、こんなにも高い評判や評価を得られるのだろう?
  • 加入者の口コミはどうなんだろう?
  • 本当にこの保険を選んで間違いないものなの?

と考える方も決して少なくありません。

そこで、こちらの記事ではソニー生命の「終身がん保険」について簡単な商品概要、そこから見えてくる商品特徴の徹底分析、メリットやデメリット、客観的な評判や評価、加入者の口コミについて詳しく解説していきます。

大きなポイントは保険料が高いからこそ充実した主契約で加入者の安心を保障していることですが、その特徴を分かりやすく説明すると同時に、ソニー生命の「終身がん保険」が選ぶべき保険なのかを正確に判断できるような記事にしています。

ぜひ最後までお読みください。

ソニー生命「終身がん保険」の商品の基本概要

数多くの医療保険やがん保険がある中で、ソニー生命の「終身がん保険」はがん治療に対して重点的に厚い保障を得ることができるがん保険です。

まずは、ソニー生命の「終身がん保険」がどれ程優れている商品なのかを知るためにも、商品の基本概要をご紹介します。

ソニー生命「終身がん保険」の商品概要

商品名 終身がん保険
引受保険会社 ソニー生命
保険期間 終身
加入可能年齢 満0歳~満75歳
主契約
  • がん診断給付金
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金
  • 退院後療養給付金
  • がん死亡保険金
  • 死亡保険金
保険料払込期間 10年・15年/55歳・60歳・65歳・70歳・終身
入院給付金日額 5,000円~60,000円
手術給付金 入院給付金日額×10倍/20倍/40倍

ソニー生命の「終身がん保険」は加入者の安心と保障を確立するために、がん治療を目的とした入院や手術をしっかりと保障するだけでなく、死亡保障まで主契約に含まれているという大変優秀な商品です。

ソニー生命の終身がん保険の保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

ソニー生命「終身がん保険」の特約について

医療保険というのは、基本的に「主契約+特約」という構成になっていることが一般的です。ソニー生命の「終身がん保険」もまた「主契約+特約」にすることで、ご自身が思い描く理想の保険にカスタマイズすることができます。

それでは、下記にてソニー生命の「終身がん保険」の特約について見ていきましょう。

特定疾病診断給付金特約 がんだけでなく、脳卒中・急性心筋梗塞にも備えられます。

  • 脳卒中:脳卒中で60日以上所定の後遺症が継続したと診断された時
  • 急性心筋梗塞:急性心筋梗塞で60日以上所定の状態が継続した時

診断給付金と同額を受け取ることができます。

受け取り回数は1回

ただし、診断給付金倍率100を選択した場合には、この特約を付帯することはできません。

抗がん剤治療特約 がん治療を目的とした入院や通院で抗がん剤治療を受けた場合に受け取ることができます。

  • 受け取り給付金:月毎の抗がん剤治療給付金額
  • 受け取り月数:通算120ヶ月まで
先進医療特約 先進医療技術を受けるために支払った技術料と同額の給付金を受け取ることができます。

  • 受け取り限度額:通算1,000万円まで
保険料払込み免除特約 所定の状態になった場合には、以降の保険料支払いが免除されます。

  • 三大疾病により所定の障害状態になった時
  • 所定の障害状態になった時
  • 所定の要介護状態になった時

ただし、下記のがんにおいては保険料払込み免除特約の対象外とされています。

  • 上皮内がん
  • 悪性黒色腫を除いた皮膚がん
  • 特約責任開始日から90日以内に診断が確定した乳がん

ソニー生命の「終身がん保険」には特約が4つしかないという印象を受ける方もいらっしゃることでしょう。しかし、主契約そのものが手厚い保障となっているので、がんを患った場合のリスク管理が徹底できると考えて良いといえます。

ソニー生命「終身がん保険」年代別月々の保険料

では、ソニー生命の「終身がん保険」への加入を検討するにあたり、気になるのが毎月の支払い保険料額ではないでしょうか。ここでは、年代別月々の保険料についてご紹介します。

30歳 35歳 40歳 45歳
男性 7,830円 9,580円 12,190円 17,160円
女性 6,240円 7,530円 9,830円 12,830円

※基本的プラン(入院日額:10,000円)で保険期間が終身の場合

※保険料払込期間は60歳まで

※診断給付金倍率100倍

※支払い限度日数は無制限

ソニー生命の「終身がん保険」は他社の保険料と比較すると、少し高めの保険料が設定されています。しかし、ソニー生命の「終身がん保険」が非常に高い支持を受けているのは、充実した保障の手厚さがあるからこそです。

支払い限度日数が無制限であること、診断給付金倍率が100倍であることを踏まえると、30歳男性の保険料が8,000円を下回るのは、非常にコストパフォーマンスが良いと言って間違いありません。

ソニー生命「終身がん保険」の特徴から見るメリット・デメリット

ソニー生命の「終身がん保険」のメリットやデメリットを分かりやすく表でまとめると、下記のようになります。ここでは、ソニー生命の「終身がん保険」の特徴から分析するメリットやデメリットについて解説します。

メリット デメリット
1:がん診断一時金の保障がある 1:保険料が高すぎる
2:三大疾病に対応している 2:診断給付金が1回のみ
3:死亡保障がある

メリット①:がん診断一時金の保障がある

主契約に「がん診断給付金」が含まれているので、がんであることを診断確定された時に必ず受け取ることができるお金です。

診断確定時にまとまったお金を受け取ることができますので、がん治療のために使うのか、抗がん剤治療に向けたウィッグを購入するのか、家族のために使うのかなど、がん治療がスタートする前に、お金の使い方についても検討する余裕を持つことができます。

 

メリット②:三大疾病に対応している

三大疾病とは「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」のことですが、この三大疾病は日本人の死亡理由ワースト3の座を長く保っています。この三大疾病の死亡率は高いことが分かっていますが、単にそれだけでなく「入院の長期化」や「高額な治療費」も問題視されています。

これら三大疾病を患うと、仕事ができないことが原因となり収入が減少していく一方で、高額な治療費を支払わなければならないことから支出が増加してしまいます。そのため、現代の日本において三大疾病へのリスク管理が必要だと考えておくと安心です。

また、急性心筋梗塞と脳卒中に関しては、発症から身体へのダメージが現れるまでの待ち時間が非常に短いので、起こってからの対処では間に合わないことがほとんどです。

こうした日本ジ人の疾病リスクに合わせて考えられているのがソニー生命の「終身がん保険」です。特定疾病診断給付金特約を付帯することで「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」のいずれかと診断された場合、迅速に診断給付金が支払われる仕組みになっています。

 

メリット③:死亡保障がある

医療技術の飛躍的な進歩により、がんの治療技術は日々発展を遂げていますが、未だ死亡率が高い疾病の1つです。がんを患うリスクは2人に1人だった時代は終焉し、今や3人に2人ががんを患う時代が到来しました。そのため、がんは万が一の病ではなく66%以上の確率で誰しもが患うリスクを抱えている疾病になってしまいました。

発病率も死亡率も高いがんに備えるだけでなく、残される家族のことも考えなければなりません。

そこで注目すべきは、ソニー生命の「終身がん保険」には主契約に死亡保険金が含まれているという点です。一般的には死亡保険金は特約として付帯できることが多く、それでもがんの死亡率が高いことから「死亡保険金そのものがない」という保険も少なくありません。

ソニー生命の「終身がん保険」では、死亡理由ががんだった場合だけでなく、それ以外の疾病で死亡した場合にも死亡保険金を受け取ることができるのが、他社との大きな違いだといえるでしょう。

闘病中だけでなく、死亡後も家族の幸せを守ってくれる保険は、金銭的だけでなく精神的にも大きな支えになるといえます。

ソニー生命の終身がん保険のメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

デメリット①:保険料が高すぎる

ソニー生命の「終身がん保険」の場合、30歳男性でも毎月の保険料が10,000円近くとなるので、他社保険商品と比較すると保険料が高いことに驚く方が多くいらっしゃいます。

多くの保険会社が提案しているがん保険は、30歳男性の場合には毎月の保険料を2,000円~3,000円に設定しているので、その差は歴然です。

そんな中で毎月約10,000円の保険料を支払うのには大きな経済的負担がのしかかることになりますが、その負担をプラスに変えることができるほどの保障が確約されているので、一概にこの高い保険料をデメリットだと言うことはできません。

 

デメリット②:診断給付金が1回のみ

毎月の保険料が高いからこそ保障内容が充実していて、弱点がなさそうに思えるソニー生命の「終身がん保険」ですが、保障期間を通じて診断給付金が1回のみしか支払われません。そのため、転移や再発リスクが高いがんに対して万全に備えてあるとは言い難いことがデメリットに挙げられます。

近年のがん保険の多くは「支払い回数は2年に1回を限度に無制限」とした診断給付金をスタンダードとしています。そうした保険が一般的になりつつある傾向の中で、ソニー生命の「終身がん保険」では保障期間を通して診断給付金が1回のみしか支払われないのは、転移や再発へのリスクヘッジとしては弱いと考えられます。

ソニー生命の終身がん保険のデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

ソニー生命「終身がん保険」の評判・口コミ

ここまでソニー生命の「終身がん保険」についての商品概要や月々の保険料、メリットやデメリットについて解説をしてきました。

ソニー生命の「終身がん保険」は保証内容が充実していて、がんへのリスクヘッジがきちんとできている商品だということをご理解いただけたのではないかと思います。しかし、加入を検討するに当たり気になるのが「実際にこの保険を契約した人の意見はどういったものだろう?」という評判や口コミではないでしょうか。

ここからは、ソニー生命の「終身がん保険」を実際に契約された方の評判や口コミについて解説していきます。

 

評判・口コミ⑴自己負担なしでがん治療 30代女性

「もしもがんに罹った時に、どの保障がおりるのか理解していないと怖いところがあります。」

ソニー生命の「終身がん保険」に限らず、医療保険を契約した場合にどのような保障が網羅されているのかについて正確に理解しておく必要があります。しかし、忙しい日々を送る中で、保険の事だけを考えていられる方は極めて少数だといえます。

そこで頼りになるのが「ライフプランナー」という存在です。ソニー生命にはライフプランナーと呼ばれる保険のプロフェッショナルが所属しているので、何らかの疾病を患った時に相談をすると、最善最良のアドバイスをしてくれます。そのため、自己負担なしでがん治療に挑める方法についても教えてくれるので、何の不安も心配も要りません。

 

評判・口コミ⑵非常にシンプル 40代男性

「平日は忙しいので、休日にネットから申し込みができるのでとても便利でした。」

日々時間に追われる日本人にとってインターネットで申込みができるのは、時間の節約になるだけでなく、要らぬ対面を避けられるという点において大きなメリットを感じることでしょう。

しかし、ソニー生命の場合には、インターネットで申込み後に前述のライフプランナーとの相談をする流れになっています。なぜなら、ご自身が良いと思って選んだ保険が必ずしも最善ではないことがあるためです。保険や人生設計のプロフェッショナルであるライフプランナーと相談することで、現段階で最強だと考えられる保険を契約することが可能になります。

 

評判・口コミ⑶がん診断給付金の条件がいい 40代女性

「保障は充実しておりますが、医療保険等の保険と併用されると厳しくなります。」

保障内容が充実しているのはもちろんですが、がんの診断確定した時点でがん診断給付金を受け取ることができます。意外にもこの条件を厳しく設定している保険会社が多い中、ソニー生命の「終身がん保険」は上皮内がんにも対応しています。

評判・口コミ⑷営業マンがしつこい 40代女性

ソニー生命の営業マンがしつこいという口コミも見かけられました。

ソニー生命の営業について、詳しくは最悪と言われるソニー生命の営業の実態とは?対処法を解説の記事をご覧下さい。

ソニー生命の終身がん保険の口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

【参考】ソニー生命「終身がん保険」を他の医療保険商品と比較

上記ではソニー生命の「終身がん保険」のメリットやデメリット、評判や口コミについて解説をしてきました。しかし、契約するに当たり下記について知っておくことも大切ではないでしょうか。

  • 他の商品はどうなんだろう?
  • ソニー生命の「終身がん保険」と比較してもっと良い商品はないの?

そこで、ここからはソニー生命の「終身がん保険」以外で高い評価を獲得している商品の基本情報について比較をしていきましょう。

ソニー生命「終身がん保険」 チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 アフラック「生きるためのがん保険days1」 メットライフ生命「がん保険ガードエックス」
主契約
  • がん診断給付金
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金
  • 退院後療養給付
  • がん死亡保険金
  • 死亡給付金
  • 治療給付金(自由診療含む)
  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 悪性新生物治療給付金
  • 上皮内新生物治療給付金
診断給付金
  • 入院給付金×100倍
50万〜100万(特約) 50万(上皮内がんの場合5万) 100万
月額保険料比較 7,830円 1,994円 3,394円 1,788円

※条件:30歳男性/終身払/入院保障60日

月々の保険料だけを比較すると、圧倒的にソニー生命の「終身がん保険」が高く設定されていることが分かります。しかし、その保証内容の充実度についてもその差は歴然で、他の保険会社の商品と比較すると2~6倍の保証内容が約束されています。

高い保険料を支払うだけの価値を十分に持ち得ているだけでなく、コストパフォーマンスが良いこともお分かりいただけるのではないでしょうか。

他の医療保険とも比較してみたい!という方もいると思います。

そんな方は保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

【がん保険】総合人気ランキングTOP5!

1位:チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」

「チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング1位に輝いたのは、チューリッヒ生命「終がん保険プレミアムDX」です!

ランキング系の記事で見かけたことがある人も多いと思います。

「終がん保険プレミアムDX」は治療を基準にした給付のみのシンプルな保障が特徴で、保障内容とコスパが最高レベルのがん保険です。

 

「終がん保険プレミアムDX」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」の徹底分析と評判や口コミ

2位:朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」

「朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング2位に輝いたのは、朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」です!

「スマイルセブンsuper(スーパー)」はがんに6大疾病を含めた7大疾病をカバーする保障内容の充実と、一時金の支払い回数が無制限という点で、総合的に見ても評価が高いがん保険です。

 

「スマイルセブンsuper(スーパー)」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」の徹底分析と評判や口コミ

3位:FWD富士生命「新がんベストゴールドα」

「FWD富士生命「新がんベストゴールド」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング3位に輝いたのは、FWD富士生命「新がんベストゴールドα」です!

「新がんベストゴールドα」は一時金タイプのシンプルな保障が特徴のがん保険です。

診断時にまとまったお金が手に入るので、入院や通院などの実費を保障する保険にプラスαでつけると安心できます。

「新がんベストゴールドα」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

FWD富士生命「新がんベストゴールドα」の徹底分析と評判や口コミ

がん保険総合人気ランキングの詳細はこちら

がん保険総合人気ランキング

ソニー生命「終身がん保険」の評価・解説まとめ

ソニー生命の「終身がん保険」は他社商品と比較すると、「主契約+特約」までを網羅していると考えることができるほどに保障が充実している保険であることをお分かりいただけたのではないでしょうか。それを踏まえた上でこの商品を特におすすめできる方は下記に該当する方だといます。

  • 何よりも充実した保証内容を望んでいる方
  • 三大疾病にも備えることができる保険を探している方
  • 死亡後の家族への保障も備えたいと考えている方

ソニー生命の終身がん保険がおすすめな人はわかったけど、他の商品との比較もしてみたい!という方もいるでしょう。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

ソニー生命の「終身がん保険」は内容が充実しているからこそ、多くの方におすすめできる保険ではありますが、月々の保険料は決して安いものではありません。

月々の保険料には絶対的な安心という保障が含まれているからこその保険料設定ではありますが、月々の経済的負担に余裕がある方の契約をおすすめします。

しかし、風邪をひくのと同じくらいの確率でがんを患うリスクを抱えるようになってしまった現代の日本において、がんに対するリスク管理を徹底することは、治療に専念するためにも非常に大切なことだといえます。

保険料の安さを重要視するのか、保障内容の充実に重点を置くのかをじっくりと検討した上で、ご自身の希望にぴったりと合う保険を選択できると良いといえます。

FPの評価
レビューした日
保険名
終身がん保険
おすすめ度
31star1star1stargraygray

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*