日本生命「がん医療保険」の評判は?メリット・デメリットから分析

日本生命「がん医療保険」のこだわり3つの特徴

日本生命「がん医療保険」がこだわっている3つの特徴は以下のことが挙げられます。

  • 単独で加入するのではなく11種類の保険から組み合わせることができる
  • がんで入院した場合、日数無制限で保障される
  • 健康状態に関係なく終身保険へ変更が可能

日本生命は「ニッセイ」という名でよく知られていますよね。

日本で3番目に誕生した保険会社ということで、歴史や経験も長く、信頼度も評判も高い会社です。

しかし、いざ自分が保険を選ぼうと思ったら

  • 本当に日本生命の保険は良いの?
  • 実際に加入している人の口コミは?
  • 他社商品との比較は?

と気になることがいろいろ出てくるでしょう。

FP紹介:森田俊介

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険専門の大規模サイトを自ら運営。

2018年よりがん保険おすすめ.jpを監修している。

そこで、こちらの記事では日本生命「がん医療保険」の概要やメリット・デメリット、口コミや他社との比較について詳しく解説していきます。

ぜひ最後までご覧になって、ご自身に合う保険なのかどうか、評判通りなのかどうかを判断し、保険選びの参考にしていただければ幸いです。

また、がん医療保険以外の日本生命の保険の評判も気になる!という方は「悪い評判も多い!日本生命の評判は?各商品の評判・口コミを元に検証!」の記事をご覧ください。

FPの評価
評価者
FP(がん保険おすすめ.jp監修)
レビューした日
保険名
日本生命「がん医療保険」
FPの評価
21star1star

内容を手っ取り早く知りたい人向け

  • 日本生命のがん医療保険は単体で加入できないため、保険料が割高になることを不満に感じる評判が多い
  • 日本生命のがん医療保険のデメリットは、単独での加入ができない、保険料が高いなど
  • 日本生命のがん医療保険のメリットは、がんによる入院を日数無制限で保障、健康状態に関係なく終身への変更ができるなど
  • 日本生命のがん医療保険が自分にベストか確かめるには、プロと一緒に複数の保険を比較するのがおすすめ
  • 日本生命のがん医療保険を含めて複数の保険を比較するときは、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス、ほけんROOM相談室を絶対に使うべき(何回相談しても無料損をするリスクがないため)
  • 日本生命のがん医療保険は、おすすめできない
  • 日本生命のがん医療保険の特約は保険料払込免除特約のみ

日本生命「がん医療保険」はおすすめできない

日本生命「がん医療保険」はおすすめできません。

なぜなら、保険料が高すぎるからです。入院保障が手厚い分保険料がかなり高くなっていますが、近年の傾向を見ると入院治療の割合が減少し、通院治療が主流になっています。

そのため、入院保障が手厚くても最大限活用することが難しく、ほとんどの方が保険料を無駄にしてしまいます。

また、がんの三大治療である、手術療法、化学療法、放射線療法のうち手術療法しかカバーできていないこともおすすめできない要因です。

それでは、自分に最適な保険はどうやってみつければ良いのでしょうか。

1番おすすめなのが、保険のプロと様々な保険を比較して、それぞれどんな特徴があるのか、保険料が1番やすいのはどれかなど確認することです。

自分にベストな保険が気になる方は専門家と一緒に気になる保険を比較してみてください。無料なので、やってみて損はありません。

日本生命「がん医療保険」の評判・口コミ

ここでは、みなさんが一番気になっているであろう、日本生命「がん医療保険」の評判・口コミを3つ解説します。

自演口コミを見分けよう!

このサイトでは、「思っていた保障と違った」という悪い評判を含む全ての口コミをチェックし、明らかなやらせ・自演は徹底的に排除しています。
代理店やほけん相談サービスから相談手数料を取るために、2ch、口コミサイトなどにすら自演口コミが紛れ込んでいます。
正しく口コミを見分けるには、加入した時の状況や保障された時の状況を具体的に説明しているような口コミであるかを意識することが大切です。

がん保険おすすめ.jpでは、日本生命「がん医療保険」の口コミを大募集しています!
以下のメールに、性別・年齢・星評価5段階・ニックネーム・口コミの詳細を送ってください。
ami.murai.0620@gmail.com
編集部で不適切な内容がないか確認した後、口コミが掲載されます。

評判・口コミ⑴組み換えが大切 33歳男性

日本生命「がん医療保険」1つ目の評判・口コミは、33歳男性の「エーミール」さんです。

「ニッセイのがん医療保険は単品での加入はないので、生活状況やその時々の重要度に合わせたほかの保険との組み合わせが大切だと思います。」

日本生命「がん医療保険」は単独での加入ができないので、がんに特化した保障を手厚くサポートしてほしいという方には、向いていないかもしれません。

しかし、他の保険と上手く組み合わせて幅広い保障で安心を得たいという方には、信頼度も高いのでおすすめできます。

とても複雑なので、保険会社のスタッフに相談しながらご自身に合った組み合わせを見つけるのが良いでしょう。

評判・口コミ⑵終身への変更 45歳男性

日本生命「がん医療保険」2つ目の評判・口コミは、45歳男性の「乙カリー」さんです。

「毎年の契約更新時に終身に変更できるのがいいです。しかも健康状態に関係ないという点も魅力的です。」

契約更新時にその時の健康状態に関係なく、保険期間を終身へと変更できるのはありがたい制度ですよね。

年齢を重ねるごとにがんなどの病気にかかるリスクは高くなっていくので、この点は大きな魅力となるでしょう。

評判・口コミ⑶単独での加入ができないのは 37歳女性

日本生命「がん医療保険」3つ目の評判・口コミは、37歳女性の「sachiko_02」さんです。

「こちらの保険は単独での加入ができず、他の保険との組み合わせが求められるので保険料が割高です。本当に必要な保障内容だけで加入したいので、私は別の保険を選ばせていただきます。営業マンの方がとてもしつこくてイライラしました。」

やはり保険料が高いということを心配される人が多いですね。

特に若い方は幅広い保障で、できれば保険料が安い商品を求めるのは当然のことだと思います。

経済的に厳しい場合は、無理をしないのがいちばんですね。

また、日本生命の営業がしつこいという意見もありました。

日本生命の営業について、詳しくは日本生命の営業がしつこい!その内容と対処法を紹介をご覧ください。

がん医療保険の口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

日本生命「がん医療保険」の特徴から見るメリット・デメリット

次に、日本生命「がん医療保険」のメリットとデメリットを見ていきます。

簡単に表で表すと以下の通りです。

メリット デメリット
1:がんによる入院を日数無制限で保障 1:単独での加入ができない
2:健康状態に関係なく終身への変更ができる 2:保険料が高い
3:先進医療を含む手術を受けると、手術給付金が受け取れる 3:解約払戻金や死亡保障がない

メリット①:がんによる入院を日数無制限で保障

がんの治療をするために所定の入院をした場合、給付金が支払われますが、その金額は入院給付金日額×入院日数となっていて、日数については無制限で保障されるのです。

がんの治療は重い場合だと非常に長引いてしまう可能性があります。

万が一そのような状況になったときでも、日数を気にせず治療に専念できるというのは大きなメリットですよね。

メリット②:健康状態に関係なく終身への変更ができる

毎年の契約更新日や応当日に、その時の健康状態に関係なく保険期間が終身へ変更できるという制度があるのも嬉しいポイントです。

ただし、保険金は同額以下の範囲となっていることと、保証期間が長くなることで安心ではありますが、その分支払う保険料も多くなるという点は注意が必要です。

関連:終身型がん保険おすすめランキングと必要性を徹底解説!

メリット③:先進医療を含む手術を受けると、手術給付金が受け取れる

日本生命「がん医療保険」の手術給付金は、公的医療保険制度の対象内であれば先進医療の手術を受けた場合でも給付金が受け取れます。

先進医療については特約になっている保険が多い中、主契約に含まれるのは魅力的ですよね。

ただし、先進医療については厚生労働省が定めるものに限り、先進医療ごとに厚生労働省が定める病院や診療所で受けたものに限ります。

参考:がん保険における先進医療の必要性を医療保険と比較して徹底分析!

がん医療保険のメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

デメリット①:単独での加入ができない

日本生命「がん医療保険」は単独での加入はできません。

11種類ある保険の中から、自分に必要なものをいくつか選んで組み合わせるという形式になっています。

そのため保険の仕組みが非常に複雑で、パンフレットを読むだけではわかりづらい点が多く、直接保険会社に尋ねたりして事前によく調べておかなければなりません。

デメリット②:保険料が高い

上記でも述べたように、日本生命「がん医療保険」は単独での加入ができないために、いくつかの保険を組み合わせることで当然保障も手厚くはなるのですが、その分保険料がとても高くなります。

保険料の例の項目でご紹介したように、30代であれだけの保険に加入すると保険料が3万円を超えてしまいます。

自分に必要な保険かどうかをしっかり見極めて選ばないと、営業スタッフの言われるがままに加入するととても高額な保険料を支払うことになり、続けられないというケースもあるので注意が必要です。

参考:おすすめの安いがん保険!保険料を抑える選び方や50歳女性向けがん保険は?

デメリット③:解約払戻金や死亡保障がない

日本生命「がん医療保険」には解約払戻金や死亡保障がありません。

そのため、掛け捨ての保険は考えたくないという方や、万一自分が亡くなった後の家族の保障もしっかりと備えておきたいという方には向いてないでしょう。

日本生命のその他の保険には解約返戻金が用意されているものもあります。詳しくは「日本生命の解約返戻金はいつ受け取れる?解約はいつ行うのがベストなのか」の記事をご覧ください。

関連:がん保険の解約返戻金は必要なのか?仕組みから徹底解説!

がん医療保険のデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

参考:日本生命「がん医療保険」

参考:生命保険文化センター

日本生命「がん医療保険」の商品・保障内容

まずは日本生命「がん医療保険」の基本概要について見ていきましょう。

日本生命「がん医療保険」の商品概要

商品名 がん医療保険
引受保険会社 日本生命
保険期間 有期/終身
加入可能年齢 満3歳〜満74歳
主契約 がん入院給付金
がん手術給付金(外来・日帰り入院)
がん手術保険金
がん手術給付金(1泊2日以上の入院)
がん放射線治療給付金
保険料払込期間 保険期間による
入院給付金日額 加入時に確認
手術給付金 加入時に確認

日本生命「がん医療保険」の概要はこのようになっていますが、最初にも述べたように、単独で加入する保険ではありません。

他の保険と組み合わせて入ることで、がんの治療を手厚く保障するということになります。

入院給付金や手術給付金の具体的な金額については、加入時にしっかり確認する必要があります。

日本生命「がん医療保険」の特約について

一般的な保険は主契約といって加入すると必ずついてくる保障に加え、特約というオプションを付けて自分なりにカスタマイズできるものが多いです。

ただ、日本生命「がん医療保険」は単独で加入する保険ではないので、その点一般的な他社商品とは少し違います。

日本生命「がん医療保険」の特約は次の一つだけです。

保険料払込免除特約 契約者が契約期間内に所定の3大疾病
(悪性新生物、心筋梗塞、脳卒中 ※上皮内新生物は除く)
あるいは所定の身体障害状態、所定の要介護状態
に該当した場合、将来の保険料払込が免除されます。

保険料払込免除特約については、該当する条件を満たせば保険料の負担がなくなるので、万が一のことを考えて付けておくことも考えると良いでしょう。

参考:がん保険に払込免除の特約は必要なのか?

がん医療保険の保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

日本生命「がん医療保険」年代別月々の保険料

日本生命の保険料は「がん医療保険」がいくら、というふうに設定されていません。

いくつかの内容を保険を組み合わせなければならず、保険料の払い込み期間や保険期間、組み合わせのパターンによって保険料も実に様々なのです。

ここでは「がん医療保険」を含む一例をご紹介します。

契約内容 30代男性の合計保険料 30代女性の合計保険料
3大疾病保障保険(終身)500万円 33941円 33777円
介護保障保険(終身)500万円
がん医療保険(終身)日額5千円
保険料払込免除特約

※月払い、口座振替

※満30歳で契約、60歳で払い込み満了

※男性は「特定疾病倍額型」、女性は「女性特定疾病倍額型」を選択した場合

このように組み合わせ次第では、保険料がかなり割高になってしまいます。

【参考】日本生命「がん医療保険」を他の医療保険商品と比較

ここまで、日本生命「がん医療保険」についてメリット・デメリット、口コミや評判などについてご紹介してきました。

  • 他社の商品と比較した場合はどうなのか?
  • 他にももっと良い商品はないの?

と思った方もいらっしゃることでしょう。

そこで、他社の商品で比較的評判が高いものをピックアップして比較してみましたので、参考にしてください。

日本生命「がん医療保険」 チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 アフラック「生きるためのがん保険days1」 メットライフ生命「がん保険ガードエックス」
主契約
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金(外来・日帰り入院)
  • がん手術保険金
  • がん手術給付金(1泊2日以上の入院)
  • がん放射線治療給付金
  • 治療給付金(自由診療含む)
  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 悪性新生物治療給付金
  • 上皮内新生物治療給付金
診断給付金 50万〜100万(特約) 50万(上皮内がんの場合5万) 100万
月額保険料比較 33941円(他の保険と組み合わせ必須) 1994円 3394円 1788円

※条件:30歳男性/終身払/入院保障60日

保険料だけ見ると、日本生命の商品は他社と比べて特殊なため割高になりますので、どのような保障を求めるかをしっかり考えていかなければなりませんね。

他の医療保険とも比較してみたい!という方もいると思います。

そんな方は保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

参考:日本生命「みらいのカタチ  3大疾病保障保険」

【がん保険】総合人気ランキングTOP5!

1位:チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」

「チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング1位に輝いたのは、チューリッヒ生命「終がん保険プレミアムDX」です!

ランキング系の記事で見かけたことがある人も多いと思います。

「終がん保険プレミアムDX」は治療を基準にした給付のみのシンプルな保障が特徴で、保障内容とコスパが最高レベルのがん保険です。

 

「終がん保険プレミアムDX」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」の徹底分析と評判や口コミ

2位:朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」

「朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング2位に輝いたのは、朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」です!

「スマイルセブンsuper(スーパー)」はがんに6大疾病を含めた7大疾病をカバーする保障内容の充実と、一時金の支払い回数が無制限という点で、総合的に見ても評価が高いがん保険です。

 

「スマイルセブンsuper(スーパー)」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」の徹底分析と評判や口コミ

3位:FWD富士生命「新がんベストゴールドα」

「FWD富士生命「新がんベストゴールド」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング3位に輝いたのは、FWD富士生命「新がんベストゴールドα」です!

「新がんベストゴールドα」は一時金タイプのシンプルな保障が特徴のがん保険です。

診断時にまとまったお金が手に入るので、入院や通院などの実費を保障する保険にプラスαでつけると安心できます。

 

「新がんベストゴールドα」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

FWD富士生命「新がんベストゴールドα」の徹底分析と評判や口コミ

がん保険総合人気ランキングの詳細はこちら

がん保険総合人気ランキング

もしがん医療保険よりも良い保険があるか知りたい!という人がいたら、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

無料なので、やってみて損はありません。

日本生命の商品に興味がある人は、日本生命「商品一覧」もご覧ください。

FPの評価
レビューした日
保険名
日本生命「がん医療保険」
おすすめ度
21star1stargraygraygray

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*