ソニー生命「がん保険」の評判は?メリット・デメリットから分析!

記事の内容を手っ取り早く知りたい人向け

  • ソニー生命の「がん保険」のデメリットは、保険料が高いことや上皮内がんが保険料払込免除の対象外であることなど
  • ソニー生命の「がん保険」のメリットは、入院・手術給付金の支払日数・回数が無制限なこと
  • ソニー生命の「がん保険」が自分にベストか確かめるには、プロと一緒に複数の保険を比較するのがおすすめ
  • ソニー生命の「がん保険」を含めて複数の保険を比較するときは、当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス、ほけんROOM相談室を絶対に使うべき(何回相談しても無料損をするリスクがないため)
  • ソニー生命の「がん保険」は とにかく充実した保障内容の保険に加入したい人におすすめ

ソニー生命「がん保険」のこだわり3つの特徴

まずは、ソニー生命の「がん保険」の特に優れたポイントを3つご紹介します。

  • がん治療に必要となる費用に対して万全の体制で備えることができる
  • がんはもちろん三大疾病に対しても手厚い保障が約束されている
  • 保障内容が充実しているのに月々の保険料が破格の安さ

ソニー生命の「がん保険」は保障内容が非常に充実しているので、若年層から高齢層まで幅広い世代のニーズに対応できる商品として加入者からの評判や評価が高く、客観的視点からも高い評価に値すると考えられます。

しかし、非常に高い評判や評価を得ているソニー生命の「がん保険」ですが

  • なぜこんなにも高い評価や評判を得られるのだろう?
  • 加入者からの口コミはどうなのだろう?
  • 本当にこの保険を選んで間違いないものなの?

と考える方も決して少なくありません。

そこで、こちらの記事ではソニー生命の「がん保険」について簡単な商品概要、そこから見えてくる商品特徴の徹底分析、メリットやデメリット、客観的な評判や評価、加入者からの口コミについて詳しく解説していきます。

FP紹介:森田俊介

FP(ファイナンシャルプランナー)として保険専門の大規模サイトを自ら運営。

2018年よりがん保険おすすめ.jpを監修している。

大きなポイントは保険料が破格の安さに設定されているにも関わらず、主契約で加入者の安心を保障していることですが、その特徴を分かりやすく説明すると同時に、ソニー生命の「がん保険」は選ぶに値する保険なのかを正確に判断いただける記事にしています。

ぜひ最後までお読みください。

FPの評価
評価者
FP(がん保険おすすめ.jp監修)
レビューした日
保険名
県民共済
FPの評価
31star1star1star

ソニー生命「がん保険」の評判・口コミ

加入を検討するにあたり気になるのは「実際にこの保険を契約した人の意見はどういったものだろう?」という評判や口コミではないでしょうか。

自演口コミを見分けよう!

このサイトでは、「思っていた保障と違った」という悪い評判を含む全ての口コミをチェックし、明らかなやらせ・自演は徹底的に排除しています。
代理店やほけん相談サービスから相談手数料を取るために、2ch、口コミサイトなどにすら自演口コミが紛れ込んでいます。
正しく口コミを見分けるには、加入した時の状況や保障された時の状況を具体的に説明しているような口コミであるかを意識することが大切です。

がん保険おすすめ.jpでは、ソニー生命「がん保険」の口コミを大募集しています!
以下のメールに、性別・年齢・星評価5段階・ニックネーム・口コミの詳細を送ってください。
ami.murai.0620@gmail.com
編集部で不適切な内容がないか確認した後、口コミが掲載されます。

ここからは、ソニー生命の「がん保険」を実際に契約された方の評判や口コミについて詳しく解説していきます。

評判・口コミ⑴自宅療養でも 32歳男性

ソニー生命「がん保険」1つ目の評判・口コミは、32歳男性の「こーちゃん」さんです。

「私は以前別の会社の終身タイプの保険に加入していました。乗り換えの際に、自宅療養でも半額の保障金がもらえることがわかり、魅力に感じました。」

終身タイプのがん保険は一生涯の保障があるからこそ保険料が高く設定されていますが、定期タイプは期限がある故に保険料が安く設定されると同時に保険料の更新があるのが特徴です。つまり、終身タイプと比較して保障内容が低くなることも決して珍しいことではありません。

ソニー生命の「がん保険」では「終身がん保険」と同等の保障内容が設けられているので、十分な安心を獲得しているのはもちろん、他社では自宅療養の保障がないのに対してその給付金を約束されているのは非常に大きな安心だということができます。

評判・口コミ⑵解約払戻金 40歳男性

ソニー生命「がん保険」2つ目の評判・口コミは、40歳男性の「ガブガブくん」さんです。

「数あるがん保険からこちらを選んだのは、解約払戻金があったからです。他にも上皮内がんも給付金がもらえるところも嬉しいです。」

定期タイプは保険料が安く設定されているが故に解約返戻金システムそのものがないというケースが一般的です。そのため、この低保険料で解約返戻金システムがあるのは驚愕だということを知っておくべき内容です。

また、上皮内がんへは対象外としている保険会社が多い中で、ソニー生命の「がん保険」では上皮内がんにもきちんと対応しているので、選ぶに不足しない保険だということがよく分かります。

評判・口コミ⑶土日コンサル 35歳女性

ソニー生命「がん保険」3つ目の評判・口コミは、35歳男性の「tanita245」さんです。

「他の人もおっしゃっている様に、ネットからコンサル依頼をすると土日でも来てくれます。土日休みの人にも適していると思います。営業マンの方はややしつこすぎるかなとも思います。」

日々時間に追われる現代の日本人にとってインターネットで保険の申込みができるのは、時間の節約になるだけでなく、保険セールスを回避できるという点においても大きなメリットを感じる方が多いと思われます。

しかし、ソニー生命の場合にはインターネットで申込みをした後にライフプランナーとの相談後に保険契約をするシステムになっています。なぜならば、ご自身が良いと考え抜いて選んだ商品が必ずしも最善の商品ではない可能性があるためです。

また、ソニー生命の営業マンがしつこいという口コミも見かけられました。

ソニー生命の営業について、詳しくは最悪と言われるソニー生命の営業の実態とは?対処法を解説の記事をご覧下さい。

ソニー生命「がん保険」の口コミを見ましたが、他の保険と比べて良いのでしょうか。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

ソニー生命「がん保険」のメリット・デメリット

ソニー生命の「がん保険」のメリットとデメリットを分かりやすく表でまとめると、下記のようになります。ここでは、ソニー生命の「がん保険」の特徴から分析するメリットやデメリットについて解説していきます。

メリット デメリット
1:入院、手術給付金の支払日数と回数が無制限 1:保障内容のわりに保険料が高い
2:がん以外の病気やケガで高度障害状態になったら保険料の払い込みが免除 2:上皮内がんが保険料払込免除の例外
3:退院後療養給付金がある

メリット①:入院、手術給付金の支払日数と回数が無制限

がん保険に加入する上で最も重要視されるのが「がんを患った場合の対応力」です。ソニー生命の「がん保険」ではこのリスクヘッジをきちんと考え抜かれた商品だということができます。

なぜなら、入院日数や手術回数に対して限度を設けているがん保険が少なくない中で、入院や手術給付金の支払日数と支払回数が無制限というのは最大の安心を得られていることに直結するためです。

医療技術の飛躍的な進歩により、日帰り入院や日帰り手術で治療を進めることも多くなりましたが、入院の長期化を避けられないケースも多々あります。入院が長期化するということは、その分医療費が増すということなので、家計費を圧迫するリスクが増すことになります。そういったことへの不安要を払拭できることは、大変大きなメリットだということができます。

メリット②:がん以外の病気やケガで高度障害状態になったら保険料の払い込みが免除

三大疾病である「がん・急性心筋梗塞・脳梗塞」を患うと、給付金の支払や保険料の支払免除などの特約を設けられている保険は多くあります。なぜなら、これらの三大疾病を患うと仕事がなできないことが要因となり収入が激減してしまう一方で、高額な治療費を支払わなければならなくなり支出が激増してしまうからです。

しかし、ソニー生命の「がん保険」では、日本ジの死亡理由ワースト3の座を長らく保っている三大疾病はもちろん、実はそれ以外の病気や怪我なので所定の高度障害状態に陥った場合には、保険料の払い込みが免除されることになっています。

現代人は三大疾病を患うリスクを抱えてはいますが、それと同時に他の病気やケガのリスクも十分に抱えていることを忘れがちですが、それらのリスクにきちんと着目し、保障しているのがソニー生命の「がん保険」といえます。

特定疾病診断給付金特約を付帯することで「がん・急性心筋梗塞・脳梗塞」のいずれかと診断された場合だけでなく、所定の高度障害状態に陥った場合や所定の要介護状態に陥った場合にも保険料の支払が免除とされるので、現代の日本人の疾病リスクに合わせて考えられた特約として、大きなメリットだということができます。

参考:がん保険に払込免除の特約は必要なのか?

メリット③:退院後療養給付金がある

がん治療のために入院や手術をするのは、一般的な治療方法とされています。しかし、医療技術の進歩により入院の短期化を推奨する治療院が増えていることも事実です。つまり、退院後に自宅にて闘病生活を送る方も少なくないのです。

特約を付帯することで退院後の治療費を賄う保険が多い中で、ソニー生命の「がん保険」では主契約で退院後のがん療養についても保障されているので、大変手厚い保障だといえます。

ソニー生命「がん保険」のメリットが他の保険と比べてどのくらいすごいのかよくわからない人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

参考:ソニー生命「がん保険」

デメリット①:保障内容のわりに保険料が高い

ソニー生命の「がん保険」の場合、35歳代性において毎月の保険料が640円と大変安く設定されていますが、年齢が上がるほどに高い保険料になるので、その高い保険料に対して驚く方がいらっしゃることも事実です。

多くの保険会社が提案しているがん保険は終身がほとんどで、30歳男性の場合には毎月の保険料を2,000円~3,000円に設定しているので、10年更新で保険料が高くなることに抵抗を感じるのは不思議ではありません。

しかし、年齢が低い時にこそがんを患うリスクが高いので、リスクが高い時にこそ安い保険料でリスク回避ができるほどの保障が確約されているので、一概にこの保険料をデメリットだということはできないと考えられます。

参考:おすすめの安いがん保険!保険料を抑える選び方や50歳女性向けがん保険は?

デメリット②:上皮内がんが保険料払込免除の例外

毎月の保険料が安い上に保証内容が大変充実しているので、弱点がなさそうに思えるソニー生命の「がん保険」ですが、上皮内がんにおいては保険料支払い免除の対象外とされています。そのため、転移や再発リスクが高いがんに対して万全に備えてあるとは言い難いことがデメリットとして挙げられます。

近年のがん保険では上皮内がんも保険料支払い免除の対象と設定している商品がスタンダードとなりつつある中で、ソニー生命の「がん保険」では上皮内がんを対象外としているのは、転移や再発へのリスクヘッジとして若干弱いと考えられます。

ソニー生命「がん保険」のデメリットが他の保険と比べてどのくらい大きいものなのかよくわからない人もいると思います。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

ソニー生命「がん保険」がおすすめな人

ソニー生命「がん保険」を特におすすめできる方は下記に該当する方だといえます。

  • 何よりも充実している保証内容を希望している方
  • 三大疾病にも備えることができる保険を探している方
  • 死亡後の家族への保障も備えたいと考えている方

ソニー生命の「がん保険」は内容が充実しているからこそ、多くの方におすすめできる保険であるといえます。一方で、定期タイプであるからこそ終身タイプよりも安い保険料設定となり、10年毎の更新があります。そのため、一生涯の保障が必要なのか、子育て世代の一時的な保障が必要なのかなどのリスクヘッジについて熟慮する必要があります。

ソニー生命の終身がん保険については、ソニー生命「終身がん保険」の評判と口コミやメリット・デメリットを解説!の記事で詳しく説明していますので、ぜひご覧下さい。

がんは万が一の病ではなく66.6%以上の人が患う疾病となった現代において、がんに対するリスク管理を徹底することは、がん治療に専念するためにも非常に大切なことだといえます。

だからこそ、保険料の安さを重要視するのか、保障内容の充実を重きを置くのかをじっくりと検討する必要があり、どのような人生設計をするのかを考えなければなりません。そのためにも、保険とお金のプロフェッショナルであるライフプランナーと共にご自身の理想にぴったりと合う保険を選択することが重要だといえます。

ソニー生命「がん保険」がおすすめな人はわかったけど、他の商品との比較もしてみたい!という方もいるでしょう。

保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

参考:生命保険文化センター

ソニー生命「がん保険」の商品の基本概要

数多くの医療保険やがん保険がある中で、ソニー生命の「がん保険」はがん治療に対して重点的な保障を得ることができるがん保険です。

まずは、ソニー生命の「がん保険」がどの程度優れている商品なのかを知っていただくためにも、商品の基本概要をご紹介します。

ソニー生命「がん保険」の商品概要

商品名 がん保険
引受保険会社 ソニー生命
保険期間
加入可能年齢 0歳~満75歳
主契約
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金
  • 退院後療養給付
  • がん高度障害保険金
  • がん死亡保険金
  • 死亡給付金
保険料払込期間 10年/70歳まで
入院給付金日額 5,000円~60,000円
手術給付金 入院給付金日額×10倍/20倍40倍

ソニー生命の「がん保険」は加入者の保障と安心とを確立させるために、がん治療を目的とした入院や手術がしっかりと保障されています。また、それだけでなく死亡保障まで主契約に含まれているという点からも大変優秀な商品だということができます。

ソニー生命「がん保険」の特約について

医療保険というのは、基本的に「主契約+特約」という構成になっていることが一般的です。ソニー生命の「がん保険」もまた「主契約+特約」にすることで、ご自身が理想とする保険内容にカスタマイズすることができます。

それでは、下記にてソニー生命の「がん保険」の特約について見ていきましょう。

特定疾病診断給付金特約 がんだけでなく、脳卒中や急性心筋梗塞にも備えることができます。

  • 脳卒中:脳卒中で60日以上所定の後遺症が継続したと診断されたとき
  • 急性心筋梗塞:急性心筋梗塞で60日以上所定の状態が継続したとき

診断給付金と同額を受け取ることができます。

受け取り回数は1回

ただし、診断給付金倍率100を選択した場合には、この特約を付帯することはできません。

抗がん剤治療特約 がん治療を目的とした入院や通院で抗がん剤治療を受けた場合に受け取ることができます。

  • 受け取り給付金:毎月の抗がん剤治療給付金額
  • 受け取り月数:通算120ヶ月まで
先進医療特約 先進医療技術を受けるために支払った技術料と同額の給付金を受け取ることができます。

  • 受け取り限度額:通算1,000万円まで
保険料払込み免除特約 所定の状態になった場合には、以降の保険料支払いが免除されます。

  • 三大疾病により所定の障害状態になったとき
  • 所定の障害状態になったとき
  • 所定の要介護状態になったとき

ただし、下記のがんにおいては保険料払込み免除特約の対象外とされています。

  • 上皮内がん
  • 悪性黒色腫を除いた皮膚がん
  • 特約責任開始日から90日以内に診断が確定した乳がん

ソニー生命の「がん保険」には特約が4つしかないという印象を受ける方もいらっしゃるかもしれません。しかし、主契約そのものが大変手厚い保障となっていることを考慮すると、がんを患った場合のリスク管理が徹底されていると考えて良いということができます。

参考:がん保険の特約には何があるの?選び方を解説!

ソニー生命「がん保険」の保障内容をみてみたけど他の医療保険と比べてどの部分が良いのかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。無料なので、やってみて損はありません。

参考:ソニー生命「がん保険」特約・その他

ソニー生命「がん保険」年代別月々の保険料

では、ソニー生命の「がん保険」への加入を検討するにあたり、気になるのは月々の保険料額ではないでしょうか。ここでは、年代別月々の保険料についてご紹介します。

30歳 35歳 40歳 45歳
男性 457円 637円 798円 1,015円
女性 758円 995円 815円 949円

※基本的プラン(入院日額:10,000円)で保険期間が10年の場合

※保険料払込み期間は10年

※保険期間は10年

※支払い限度日数は無制限

ソニー生命の「終身がん保険」は他社の保険料と比較して高めの保険料が設定されているのに対し、こちらの「がん保険」は期限が設けられている分、破格とも思える保険料が設定されています。だからこそ、ソニー生命の「がん保険」は非常に高い支持を受けています。

入院日額が10,000円を受け取れるだけでなく、支払い限度日数が無制限であることを踏まえると、35歳男性の保険料が毎月637円というのは、非常にコストパフォーマンスが良い優れた商品だと言わざるをえません。

参考:おすすめの安いがん保険!保険料を抑える選び方や50歳女性向けがん保険は?

【参考】ソニー生命「がん保険」を他の医療保険商品と比較

ソニー生命「がん保険」 チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」 アフラック「生きるためのがん保険days1」 メットライフ生命「がん保険ガードエックス」
主契約
  • がん入院給付金
  • がん手術給付金
  • 退院後療養給付金
  • がん死亡保険金
  • 死亡保険金
  • 治療給付金(自由診療含む)
  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 悪性新生物治療給付金
  • 上皮内新生物治療給付金
診断給付金 0 50万〜100万(特約) 50万(上皮内がんの場合5万) 100万
月額保険料比較 457円 1994円 3394円 1788円

※条件:30歳男性/終身払(ソニー生命の場合は10年払)/入院保障60日

月々の保険料だけを比較すると、圧倒的にソニー生命の「がん保険」が安く設定されているように見えますが、これは定期タイプと終身タイプとの違いによるものなので、比較する上で注意が必要です。

しかし、主契約において圧倒的にソニー生命の「がん保険」の保証内容が充実していることがお分かりいただけるのではないでしょうか。その保証内容差は歴然で、他の保険会社の内容と比較すると2~6倍の保障内容が定められています。

保険料だけでの比較には難しさはありますが、コストパフォーマンスが良い商品だということは十分にご理解いただけたのではないでしょうか。

他の医療保険とも比較してみたい!という方もいると思います。

そんな方は保険のプロと一緒に気になる保険を比較しましょう。無料なので、やってみて損はありません。

【がん保険】総合人気ランキングTOP5!

1位:チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」

「チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング1位に輝いたのは、チューリッヒ生命「終がん保険プレミアムDX」です!

ランキング系の記事で見かけたことがある人も多いと思います。

「終がん保険プレミアムDX」は治療を基準にした給付のみのシンプルな保障が特徴で、保障内容とコスパが最高レベルのがん保険です。

 

「終がん保険プレミアムDX」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

チューリッヒ生命「終身がん保険プレミアムDX」の徹底分析と評判や口コミ

2位:朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」

「朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング2位に輝いたのは、朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」です!

「スマイルセブンsuper(スーパー)」はがんに6大疾病を含めた7大疾病をカバーする保障内容の充実と、一時金の支払い回数が無制限という点で、総合的に見ても評価が高いがん保険です。

 

「スマイルセブンsuper(スーパー)」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

朝日生命「スマイルセブンsuper(スーパー)」の徹底分析と評判や口コミ

3位:FWD富士生命「新がんベストゴールドα」

「FWD富士生命「新がんベストゴールド」」の画像検索結果

独自調査によっておすすめランキング3位に輝いたのは、FWD富士生命「新がんベストゴールドα」です!

「新がんベストゴールドα」は一時金タイプのシンプルな保障が特徴のがん保険です。

診断時にまとまったお金が手に入るので、入院や通院などの実費を保障する保険にプラスαでつけると安心できます。

 

「新がんベストゴールドα」の詳細や口コミ・評判は以下の記事をご覧ください。

FWD富士生命「新がんベストゴールドα」の徹底分析と評判や口コミ

がん保険総合人気ランキングの詳細はこちら

がん保険総合人気ランキング

もしソニー生命「がん保険」よりも良い保険があるか知りたい!という人がいたら、保険のプロと一緒に気になる保険を比較するのがおすすめです。

無料なので、やってみて損はありません。

参考:厚生労働省

FPの評価
レビューした日
保険名
ソニー生命「がん保険」
おすすめ度
31star1star1stargraygray

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*