がん保険における先進医療の必要性を医療保険と比較して徹底分析!

がん保険に先進医療特約は必要なのか?

日本人の死因No1である『がん』についての対策として、がん保険を検討されている方は多いと思います。

がん保健を検討する際、必ず目にするのが『先進医療特約』ではないでしょうか。

言葉の響きから、より良い治療を受けるための特約である事は何となく想像ができます。

しかし、具体的に『先進医療』がどんなものなのかをご存知ない方も多いのではないでしょうか。

 

しっかりと理解できない内容を判断するのは中々難しいですよね。

あなたには何のがん保険がベスト?

なんのがん保険が自分にいちばん合っているのかは、正直、豊富な専門知識がないと記事を読んでも判断できません。

3つの質問で簡単に見極めましょう。

今回こちらの記事では、がん保険の契約において『先進医療特約』はつけておくべきであるという結論を最初に説明させて頂きます。

その上で、がん保険における『先進医療』とはどんな物なのかを明らかにし、その必要性についてご説明をしていきたいと考えております。

 

− がん保険に先進医療特約はつけておくべきである

− がん保険における『先進医療』とは?

− がん保険と、医療保険で『先進医療特約』の重複は起こらないのか?

参考:がん保険に『先進医療』のみで契約はできるのか

 

記事の中では、間違いが起こりやすいがん保険における『先進医療特約』と、通常の医療保険における『先進医療特約』についての違いもご説明させて頂きます。

是非記事の最後までご覧頂き、日本人にとって身近なリスクであるガンへの備えを万全にしましょう!

 

がん保険に先進医療特約は付けておくべき

記事の冒頭で結論について触れましたが、がん保険の契約において『先進医療特約』は付けておくべきと考えております。

理由は、この特約加入に必要な掛け金が非常に安いからです。

保健会社の商品案内を確認頂するとお判り頂けますが、ほとんどの場合月々100円前後もしくはそれ以下で特約を付けられます。

 

後ほどがん医療における『先進医療』について具体的に説明をさせて頂きますが、先進医療は原則健康保険が適応されません。

現在、非常に多くの先進医療が登録され、その全てが高費用ではありませんが、中には数百万の費用を必要とする先進医療も存在します。

貴方が仮にガンになり治療方法を検討するとしましょう。

数百万の先進医療が最善の一手だった場合、毎月100円前後の保険料は無駄でしょうか?

 

先進医療は未だ医療現場で選択される機会はそれほど多くありません。だからこそ保険料が安いのです。

一方でガンは時に転移のリスクを伴い、貴方の命を危険に晒す可能性のある病気です。

治療のために、可能な限りの選択肢は広い方が良いと考えるのは当然だと考えられます。

 

がん保険の先進医療について解説

ここからは、ガン治療における『先進医療』とはどういった内容なのかを具体的に説明していきたいと考えております。

冒頭でも触れましたが、従来から確立されてい治療法とは違う、新しい医療技術である事は言葉の響きから想像できるかと思います。

実際にどんな治療方法があるのか、患者にとっての負担内容など、皆様に全体像が理解頂けるようにまとめていきます。

 

 

がん保険の先進医療とは?

ここまで繰り返し出てきている『先進医療』とは、国(厚生労働省)が認可した、安全性、治療効果が確保・確認された比較的新しい技術を指します。

そしてこの『先進医療』は診察・検査・投薬・入院等の一般の保険診療と共通の部分には保険が適応されますが、治療に必要な技術は全額自己負担です。

 

ここまで聞くと『一般の保険診療』と同じように保険が適応されない部分があるのは何故?という疑問が湧きますよね。

簡単に説明すると、それだけ『先進医療』は特殊な技術であり、使用する設備が非常に高価だったりするケースが多く実施できる人も限定されるからです。

 

数少ない人だけが選択できる状況の医療行為で、しかも技術費用自体が高額なので国では負担ができません。

あくまで患者の自由意志によって選択されるべき医療行為と見做されている行為なのです。

 

ここまでのまとめと、具体的なガン医療における『先進医療』について表でまとめてみました。

 

         医療の種類  保険適応範囲  自己負担      具体的な先端医療内容    技術費用       年間実施件数
    一般の保険診療  原則全て  原則なし         −     −                                  −
      先進医療(ガン関連)  診察・検査・投薬・入院費用  先進医療に関わる技術料金      重粒子線治療   約315万        1,558件
     陽子線治療   約227万        2,319件
 自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法   約56万                               55件
樹状細胞及び腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法   約67万         7件

 

上記は代表的な先進医療の内容と、費用金額例、実施件数も記載してみました。

一番例が多い、陽子線治療も年間2,000件程度です。国立がんセンターの2014の発表では、新たなガンの羅患数は男女合計で約80万人というデータがあります。

全体の0.2%程度の方が活用しているに過ぎません。 また設備の費用も高価なので、処置を受けられる病院も限られています。

 

上記の事実だけで考えると、『先進医療って本当に意味があるの?そしてその為の特約なんて意味があるの?』と感じますよね。

それでも国が『先進医療』を認め希望する患者に選択できる権利を与えているのは、やはり『先進医療』がガン治療に非常に有効なケースがあるからです。

『先進医療』で認められている効果に以下の内容があります。

 

− 体への負担が少ない

−回復が早い

−治療の効果が高い

 

皆さんも一度はガン治療のドキュメンタリーや身近な方の闘病経験をお聞きになった事があるのではないでしょうか?

特に『抗がん剤』の治療で体に大きな負担がかかり、辛そうな印象がありませんか?

施術できる施設も限定されており費用も高額なケースもありますが命に関わる医療行為において、患者にとって嬉しい効能が認められているのも事実です。

 

 

先進医療と自由診療の違いについて解説

ここまで『先進医療』について具体的に説明を実施してきました。

医療制度について少しでも関心がある方であれば、『先進医療』は『自由診療』に似ていると感じられるかもしれません。

しかし、この2つは自己負担が存在する点では同じですが、範囲が異なります。

 

順番が前後してしまいますが、そもそも『自由診療』とは国(厚生労働省)に認められておらず、診療費用が自己負担である医療行為を指します。

具体例を挙げると、海外では使用を認められている未承認の『抗がん剤』等が挙げられます。

海外では事例も多く、データーも取得されているのですが国内での認証作業が間に合っていない場合、『自由診療』の範囲で全額自己負担であれば選択する事ができます。

 

こちらの記事を注意深く読まれていた方はお気づきかもしれませんが、『先進医療』は自己負担の部分はあるものの、国(厚生労働省)からは認められている医療行為です。

よって、繰り返しになりますが『先進医療』は診察・検査・投薬・入院費用は一般の診療と同じように健康保険が適応されます。

 

違いをまとめると下記です。

 国(厚生労働省)の認可  患者自己負担
先進医療  あり  技術料のみ (診察・検査・投薬・入院は保険適応)
自由診療  なし  全額

がん保険と医療保険で重複は起こらないのか?

『がん保険』について考えていると、『そういえば今契約している医療保険でも、がんについて保障されている内容があったはず』と気づくケースがあります。

実は『がん保険』ではなく、『医療保険』でもがんのリスクに備える事はできますし、『先進医療特約』にも備えられます。

また、仮に両方加入している場合には、保障内容について重複するケースがあります。

 

両者を比較した場合には、『医療保険』ががんに限らず、一般的な怪我・入院リスクを広くカバーしているのに対し、『がん保険』はがんのリスクに手厚い保障をしてます。

自分自身が何を重視しているか明確にして、できる限り重複等による無駄な出費は抑えたいですね。

 

 

がん保険と医療保険の先進医療の違い

先ほど、『医療保険』でも『先進医療特約』に備えられると記載していました。

『がん保険』と『医療保険』の先進医療に違いはあるのでしょうか?  答えは『YES』です。

がん医療に限らず、様々な疾病に対し『先進医療』は存在しています。

 

よって、一般的な『医療保険』がカバーする『先進医療特約』はガン治療を含んだ、あらゆる先進医療が対象となります。

反対に『がん保険』ではガン治療に関わる先進医療のみが対象となります。

 

貴方が、カバーしておきたい先進医療の範囲を明確に知っておく事で選択するべき保険と特約は見えてくるかと思います。

 

先進医療特約がないがん保険もある

がん保険の中には、『先進医療特約』がないがん保険も存在します。

この記事でも取り上げましたが、先進医療自体の処置件数はそれほど多くない事が実態としてあります。

また、内容によっては処置を受けられる機関が日本国内に数件しかない場合もあるため、仮に数百万の処置費用が掛かっても自己負担で賄う事を前提としたい方もいらっしゃいます。

 

『先進医療特約』がない保険も、ただ選択肢を狭めている訳ではくその分他の保障が手厚いケースがほとんどです。

例えば、ガンと言えば『再発』リスクが存在する疾病として知られています。

通常のがん保険は、初めて羅患した際の診断給付金は支払われますが、『再発』した際には既に権利が消滅していて、何も支払われないケースがほとんどです。

ある会社の『先進医療特約』がない保険は、ガンが『再発』した際に何度でも診断給付金が支払われる機能を持っています。

 

一言に『がんへの備え』と言っても、何をリスクと考え、何に備える事を重視するかは人それぞれです。

ですので、『先進医療特約』が無い保険も契約者への選択肢として用意がされているのです。

 

記事の冒頭でもお伝えしましたが、個人的に『先進医療特約』は非常に安価なオプションであり適応が必要な際には心強い選択肢となってくれると考えています。

よって、『先進医療』について前向きに検討される方は『先進医療特約』が付与される保険商品を選択するようにしてください。

 

がん保険と医療保険ではどちらに加入すべきか

『がん保険』と、『医療保険』ではどちらに加入すべきかに悩まれる方も多いかと思います。

こちらについても、基本的には『貴方がどんなリスクに備える事を重要視するか』で決まると考えています。

 

そもそも2つの保険の違いについてですが、『がん保険』は名前の通り、がんに対するリスクを手厚く保障している商品です。

一方で『医療保険』はがん以外の一般的な疾病も含め広く保障をしてくれる商品になります。

 

これだけ聞くと、『医療保険』の方が幅広い対応をしてくれるので選択すべき内容に聞こえてしまいますが、決してそうではありません。

同じ疾病でも、羅患するリスクが高く費用が嵩みやすい疾病を見極め選択する事が重要になります。

 

記事の冒頭で触れましたが、がんは『日本人の死因No1』の疾病です。

ステージによっては長期化し、手術・入院を伴い、再発のリスクまで存在する恐ろしい疾病です。

 

可能性とリスクから『がん』を中心にリスクを補填していこうとお考えであれば、『がん保険』を中心に設計を考えた方が良さそうです。

がん以外の疾病リスクに対しては、『医療特約』を追加する事で対応も可能です。

 

この逆で、『がん以外の疾病』を重視するのであれば『医療保険』を中心に設計し『がん特約』でがんに備える事も可能です。

 

どちらも掛けられるコストに制限が無いのであれば、同程度の保障を受ける事は可能です。

しかし、資産は有限です。

自分にとって一番重要なリスクをまず見極める事で、保険の基本である『本当に必要な保障を最低限の出費で用意する』ようにしたいですね!

 

 

参考:がん保険に先進医療のみで契約はできるのか

ここまで『がん保険』を軸とした『先進医療特約』についてまとめてきました。

人によっては『がん保険そのものへの加入には興味が湧かないが、『先進医療特約』には興味がありこれだけを契約する事はできないの?』と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

結論から申し上げますと、『がん保険』を軸として考える以上、がん保険そのものに加入しなければ『先進医療特約』を選択できません。

しかし、医療保険の一種である『リンククロスコインズ』を選択すれば、『先進医療』についての保障のみ得る事が可能です。

 

『リンククロスコインズ』は先進医療と、臓器移植に関わるリスクを保障する商品設計になっています。

 

『リンククロスコインズ』を選択される方は、ほとんど疾病の診察・検査・投薬・入院費用を健康保険や高額医療保障で賄う事を前提とされている方です。

それを超えた、『先進医療』や『移植』を受けるリスクに対し、最も手厚い保障を求めている方だと考えられます。

 

こちらの商品はインターネットで申し込む形になっておりますので、前向きにご検討されたい方は是非一度ご自身でもお調べになってみてください。

 

 

がん保険に先進医療特約は必要なのか?のまとめ

今回の記事では、がん保険における『先進医療特約』の必要性についてまとめました。

記事の冒頭、中盤でも触れましたが、基本的には『先進医療特約』は入っておくべき保障内容であると考えております。

その上で、抑えておくべきポイントは以下でした。

 

− がん保険に先進医療特約は、掛け金が非常に安価なので入っておくべき

− がん保険における『先進医療』の実態をよく理解しておこう

− がんの『先進医療』に対し、『がん保険』で備えるべきか、『医療保険』で備えるべきかを見極めよう

 

また、がん保険に限った話ではありませんが、最も重要なのは『貴方自身が、どんなリスクに対する保障を重要視するか見極める事』になります。

これができていれば、数多くある選択肢の中からきちんと理由を持って選ぶ事ができますよね。

 

是非この機会に自分にとってのリスクの洗い出しと、優先順位づけ、その対策についてもお考え頂けたなら幸いです!

 

医療保険についての基礎知識や選び方、おすすめランキングを紹介しているサイトはこちら!

医療保険ランキング.com

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*